バイデン、美議会に9月まで3ヶ月間油類税免除を要請する

By | June 22, 2022


ホワイトハウスの報道資料を通じて発表… 各主導の直接的な軽減措置を促す

ジョーバイデンアメリカ大統領。 ©ロイター=ニュース1 © News1キム・ヒョン特派員
(ワシントン=ニュース1)キム・ヒョン特派員=ジョー・バイデン米国大統領が22日(現地時間)上がる原油価格をつかむために連邦油流税賦課を3カ月間一時的に猶予(免除)する案を発表する。

バイデン大統領はこの日午後2時、有価関連演説を通じてこのように要請する予定だと伝えられた。

ホワイトハウスはこの日、報道資料を通じてバイデン大統領が来る9月まで米議会と各州に油流税3ヶ月猶予してくれることを要求すると明らかにした。

ホワイトハウスは「(ウラジミール)プーチン(ロシア大統領)がウクライナ国境に軍隊を集結し始めた後、ガソリン価格は全世界で急激に上昇し、米国ではほぼガロン当たり2ドルずつ上昇した」とし「バイデン大統領は高い油価が働く家庭に重大な挑戦を提起することを理解している」と明らかにした。

ホワイトハウスは、バイデン大統領が議会と各州にプーチンの価格急騰で打撃を受けた米国消費者に直接的な軽減を提供するための追加的な立法措置を取るよう促していると具体的に来る9月まで連邦油流税賦課3ヶ月猶予を議会に促していると明らかにした。

ホワイトハウスはただ、油流税猶予で高速道路などインフラ建設に対する資金支援に支障をきたすことができるという指摘を懸念したように「高速道路で信託基金からいかなる資金も減少することはない」と強調した。

バイデン大統領はまた、各州が課す油流税を猶予したり、他の方法で消費者を助けるなど、直接的な軽減を提供するための同様の措置を取ることを促しているとホワイトハウスは伝えた。

現在、米連邦政府はガソリン1ガロン((3.78リットル)当たり18セント(約234ウォン)、軽油1ガロン当たり24セント(約312ウォン)の税金を課している。これらの税金は高速道路信託基金を通じて重要な高速道路と公共交通資金で使われる。

ホワイトハウスは「今年、私たちの財政赤字が既に歴史的に1兆6000億ドル(約2084兆ウォン)が減少した」とし、これを活用して、バイデン大統領は油流税を猶予するとともに、他の歳入を高速道路信託基金に転用させる予定だと言った。

ホワイトハウスは「バイデン大統領は油流税免除だけでは私たちが見てきたコスト上昇を緩和できないことを理解している」とし「しかし、大統領はウクライナでの戦争がアメリカ人家庭に費用を負担しているこのユニークな瞬間に議会が働く家庭に呼吸できる余地を提供するためにできることをしなければならないと信じる」と話した。

ホワイトハウスは今回の措置がバイデン大統領のΔ1日100万バレルなど合計2億4000万バレルの戦略備蓄油放出Δ15%のエタノール含有ガソリン許容Δ精油社の精油能力と生産量増大のための協力要請など米国家庭の油価を下げるための一連の措置に続いたものだと説明した。

ホワイトハウスは「すでに米国は現政府(執権)1年の下、以前の政府の最初の2年にしたよりも多くの石油を生産し、来年は新記録を立てる軌道にある」とし「同時に大統領は短期的にエネルギー生産を増やすための私たちの努力は、韓国経済が独裁者たちによって生産される化石燃料から抜け出してクリーンエネルギーに転換しようとする中・長期的な努力と組み合わせなければならないことを理解している」と付け加えた。

今回の案は、来る11月の中間選挙を控えて、原油価格が上がり、バイデン大統領の支持率が最低値水準から抜け出せない中で出たのだ。

最近、米国内のガソリン平均価格はガロン当たり史上初めて5ドル(約6500ウォン)を超えた。 これにより中間選挙で民主党が上・下院過半議席を守れないという展望が少なく流れている。



Source link


Leave a Reply

Your email address will not be published.