美、5歳未満乳幼児コロナワクチン接種開始… バイデン、接種を推奨

By | June 22, 2022


美大人へのワクチン接種開始18ヶ月で乳幼児接種開始
バイデン「ワクチン安全で効果的」… 共和党の知事たちを狙う「戦争しない」

ジョーバイデンアメリカ大統領が2022年6月21日(現地時間)、米国ワシントンDCのある新種コロナウイルス感染症(COVID-19)予防接種クリニックを訪問し、5歳未満のワクチン接種のためにここを訪れた家族と会話を交わし、ある。 ©ロイター=ニュース1 © News1キム・ヒョン特派員
(ワシントン=ニュース1)キム・ヒョン特派員=米国で5歳未満の乳幼児に対する新種コロナウイルス感染症(コロナ19)ワクチン接種が始まった。

これは、米食品医薬品局と疾病管理予防センターが去る17日と18日、それぞれ生後6ヶ月から5歳未満の乳幼児に対するファイザーおよびモダやワクチンの使用を承認したことによるものだ。

5歳未満の乳幼児に対するワクチン接種は、成人に対するワクチン接種を開始してから18ヶ月ぶりに行われた。

5歳未満のワクチンはファイザーの場合、成人用量の10分の1を使用し、3回の接種が必要です。 モダナワクチンは成人用量の4分の1レベルで4週間間隔で2回接種する。

ワシントンポスト(WP)によると、今回の措置で生後6カ月から5歳未満の乳幼児約1900万人がワクチン接種ができるようになった。

バイデン大統領とジルバイデン夫人はこの日午後、ワシントンDCのある保健クリニックを訪問し、ワクチンを接種した子供たちと保護者に会った。

バイデン大統領は以後ホワイトハウスでのスピーチを通じて「これは非常に歴史的なマイルストーンであり、記念碑的な進展」とし「米国は今、生後6ヶ月の子供たちに安全で効能のあるコロナ19ワクチンを提供する世界初の国家」と強調した。

バイデン大統領は「このワクチンは安全で効果的であり、FDAとCDCの広範な科学的レビューを経て承認された」とし、保護者に乳幼児に対するワクチン接種を勧告した。

バイデン大統領はまた、ワクチン接種に友好的でない一部の共和党知事などを狙って、「選出された管理者が子どもたちにワクチンを接種することを望む親を妨害したり、ワクチン接種を困難にしてはならない」とし「これは政争のための時間がいいえ、それは子供を安全に保つためにできることをすべて行うことができる両親に関するものです」と指摘した。

バイデン大統領はまた、「乳幼児ワクチン接種のための予算が十分か」という質問に「子どもワクチン接種のためにより多くの資金が必要なわけではないが、我々は第二のファンデミック(感染症大流行)対応計画のためのより多くの資金これが必要だ」としながら「また別のファンデミックがあるだろう。私たちはあらかじめ考えなければならない」と明らかにした。

乳幼児ワクチン接種が開始されたが、接種率がいかになるかは未知数だ。

コロナ19変異の致命率がかなり低下したうえ、両親が副作用などを懸念して乳幼児に対するワクチン接種を嫌がる傾向があるからだ。

去る5月に発表されたある世論調査で5歳未満の子どもを持つ親の18%だけが、子どもたちにすぐにワクチンを接種したいと答え、もし必要なら接種するという答えも11%にとどまった。 3分の1以上の38%は他の子供たちにどのように作用するかを見る計画だと答え、27%は子供たちに絶対接種しないだろうと答えた。

これに関連して、5~11歳の場合にも昨年10月に接種承認が行われたにもかかわらず、少なくとも1回接種比率36%、ワクチン接種を完全に終えた割合も29%に過ぎない。

ただし、保健当局は、すべての子供たちにワクチン接種が必要だと強調している。 ワクチン接種が子供たちに継続的な保護を提供し、別の感染症や合併症のリスクを減らすためです。

CDCによると、コロナによって1000人以上の子供が死亡し、4万人以上が病院に入院し、8500人以上が心臓や肺、腎臓、脳、目、その他の臓器に炎症を起こす小児器官炎症症候群(multisystem inflammatory) syndrome in children)に苦しんでいる。



Source link


Leave a Reply

Your email address will not be published.