美法武、ウクラ電撃訪問… 「ナチハンター」を率いる戦犯専任チーム発表

By | June 21, 2022


専任チーム「ナチハンター」ニックネームを持つイライ・ローゼンバウム
ガーランド「戦犯たちは息をする場所がない…責任者たち、責任を持てるようにあらゆる方法を模索」

メリック・ガランド米法務長官は21日(現地時間)予告なしにポーランド国境近くのウクライナ地域を訪問し、イリーナ・ベネディクトバ・ウクライナ検察総長と会い、1時間ほどウクライナで戦争犯罪を犯した個人を起訴する問題について議論した。ニュース1(米法務部Twitterキャプチャ)
(ワシントン=ニュース1)キム・ヒョン特派員=メリック・ガランド米法務長官が21日(現地時間)ウクライナを侵攻したロシアの戦争犯罪を議論するためにウクライナを電撃訪問した。

ガランド法務長官はこの日予告なしにポーランド国境近くのウクライナ地域を訪問し、イリーナ・ベネディクトバ・ウクライナ検察総長と会い、1時間ほどウクライナで戦争犯罪を犯した個人の身元を確認して起訴する問題について議論した。

ガロンド大臣のウクライナ訪問は、ガロンド大臣がフランスパリで開かれる米国とヨーロッパ間の大臣会の出席車移動中に予告なしに行われた。

ガランド長官はベネディクトバ総長と会談後、「米国は明確なメッセージを送っている。戦犯が息をする場所はない」とし、「私たちはこのような残酷な行為に責任がある人々が責任を負うことができるように、可能なすべての方法を模索する。こと」と明らかにした。

ガランド長官は特にロシアの戦争犯罪加担者を司法処理するためにウクライナおよび国際法執行団体と調律する任務を引き受けた専任チームの新設を発表した。 専担チームは「ナチハンター」というニックネームを持ったイライ・ローゼンバウム前法務部特別調査官が率いる。

ガランド長官は「このチームは法務省の最も有名な「ナチハンター」であるローゼンバウムが率い、人権蹂躙と戦争犯罪に関する調査専門家で構成されるだろう」と明らかにした。

36年間法務部で勤務したベテランのローゼンバウムは、人特別調査局(OSI)局長として主にナチス戦犯の身元確認と追放などを担当してきた。

ローゼンバウムチームは、ウクライナ当局者に援助を提供するだけでなく、ウクライナで正当な理由のないロシアの侵略を取材するアメリカ人記者の殺害や怪我など、米国が管轄権を持っている潜在的戦争犯罪を調査すると法務省は明らかにした。 。

現在ウクライナでは去る2月、ロシアの侵攻以後、副次地域集団虐殺疑惑などを含め、ロシアの戦争犯罪と見られる数千件が報告された状態だ。

米国国務省は先月、ロシアがウクライナで行ったと思われる戦争犯罪を見つけて記録し公表するための機構を作るという方針を明らかにした。

先にバイデン大統領は去る4月、ウラジミール・プーチンロシア大統領を「戦犯」と呼びながら「副次で起こったことはあまりにも衝撃的だ。裁判のためにすべての具体事項を収集しなければならない」と述べた。

米法務省はまた、ロシアの不法金融と制裁回避に対応するためにウクライナや他のパートナーとの協力拡大次元で追加人材を配置しており、法務省の専門検査がロシアの不正築財と腐敗、お金洗濯と戦うことに助言を提供していると明らかにした。



Source link


Leave a Reply

Your email address will not be published.