ウクラ「ラと平和交渉進展ない…美・NATO もっと武器支援しなければ」

By | June 20, 2022


「ラグーン、ウクラ全域攻撃可能…安全な地域ないよ」
「世界はまだヨーロッパ全域で戦争を迎える準備ができていない」

18日(現地時間)ウクライナドネツクのコスティアンティニウカ戦線で兵士がタンクに乗って前方を注視している。 © AFP=ニュース1 © News1 ウ・ドンミョン記者
(ソウル・ワシントン=ニュース1)ウォン・テソン記者、キム・ヒョン特派員=ウクライナ交渉団代表がロシアとの平和交渉に進展がないと、米国と北大西洋条約機構(NATO)にさらに多くの武器を供給するよう要請したとCNBCが19日(現地時間)報道した。

報道によると、ロシアとの平和交渉を導くデビッド・アラカミア・ウクライナ議員は「交渉のために1週間に1、2回ずつロシア側と連絡をしているが、今はこれが進むと思われない」と明らかにした。

続いて「最近ジョー・バイデン米国政権とナンシー・パロシ下院議長を含む議員と最新情報を共有した」とし「私たちは西方により多くの武器が必要で、ロシアにもっと多くの制裁を加えなければならない」と伝えた。 。

彼は西側にさらに武器支援を要求する理由について「現在、ロシア軍はウクライナ全域を砲撃できる射程距離を持つミサイルを保有しているため、完全に安全だとされる地域は一箇所もない」と説明した。

アラカミアの今回の発言は15日、ジョー・バイデン米大統領が10億ドル(約1兆3000億ウォン)規模の新しい武器支援案を発表した後に出た。

バイデン大統領は当時ジェレンスキー大統領と約40分間通話を持ち、「米国はウクライナが理由のないロシアの侵略に対抗して民主主義を守護し、主権と領土保全を支持するという私の約束を再確認する」と明らかにした。

米国防総省によると、10億ドルのうち3億5000万ドルは、米大統領が議会の許可なしに職権に防産品を移転できるようにした「大統領使用権(PDA)」によるものだ。

ここにはΔ155mm曲射砲18門と155mm砲弾3万6000発Δ曲射砲牽引用戦術車両18台Δ高機動多連装ロケット発射システムであるHIMARS用砲弾Δ装備回収のための戦術車両4台Δスペアパーツおよびその他装備などが含まれるなった。

残りの6億5000万ドル規模は「ウクライナ安全保障イニシアチブ」ファンドを通じて調達される。 これには、Δハプン海岸防御ミサイルシステム2期Δセキュリティ無線機器数千台Δ夜間透視装置および熱画像照準鏡など数千個のΔ教育とメンテナンス、輸送、管理費用のための資金提供などが含まれる。

これにより、米国は2月24日、ロシアのウクライナ侵攻以来約56億ドル(約7兆2300億ウォン)規模を支援することになる。

米国の追加武器支援発表にもアラカミアがより多くの武器を要求した理由は、米国が供給する重砲台のための弾薬と砲弾が急速に枯渇しているためだ。

彼は「戦争が熾烈な時、私たちは1ヶ月に50万個の弾薬と爆弾を消費する」とし、「現在支援されている資源では非常に不足している」と話した。

続いてプーチン大統領がウクライナ戦争をヨーロッパにさらに拡大すると脅したことに言及し、「世界はまだこのような規模の戦争を打つ準備ができていない」と懸念した。



Source link


Leave a Reply

Your email address will not be published.