米NSC補佐官「韓国などと半導体協力のための十分なスペースがある」

By | May 26, 2022


「美全てを国内で作って自給自足経済に進むというのは誤解」
IPEFに対する中反発に「中脅威がIPEFなどに対する欲望・熱の引き起こし」

タルン・チャブラ米国国家安全保障会議(NSC)技術・国家安全保障選任補佐官が25日(現地時間)、米ブルッキングス研究所が主催したセミナーに参加して演説をしている。 ©ニュース1
(ワシントン=ニュース1) キム・ヒョン特派員=タルン・チャブラ 米国国家安全保障会議(NSC)技術・国家安全保障選任補佐官は25日(現地時間)韓国と台湾などとの半導体協力問題と関連、今後の需要予測を見ると半導体業界のすべての主要企業と協力するのに十分なスペースがあると述べた。

チャブラ先任補佐官は、米シンクタンクの一つであるブルッキングス研究所が「韓国とアジアの新しい地理経済学」をテーマに開催したセミナーに参加し、「どのように米国政府が米国企業とサムスンや台湾TSMCなどの外国企業間で競争がではなく協力促進を保障できるか」という質問に「今の当面の課題は、世界中でより多くの生産能力を提供することだ。それが私たちがすべきこと」と答えた。

彼は「現在私たちが直面している(半導体)不足の問題は短期的な問題ではないと考えている」とし、「もし需要予測を見ると、私たちがモノのインターネット(IoT)に移り、より多くのデジタル経済への転換に伴うすべての需要は、我々は十分な生産能力を迅速に提供できるかという実質的な問題を要求するだろう」と指摘した。

彼は「それはその業界のすべてのコアプレーヤー(企業)のための十分なスペースを含めるでしょう」と言った。空間がより多くあると思う」と明らかにした。

彼は特に「米国にすべてを国内で作らせ、一種の自給自足経済に進み始めたというのは誤解だ」とし「それは不可能だ。と強調した。

チャブラ補佐官は「私たちはすでに韓国と米国企業が協力と結びつきを目指している」とし「これは私たちが相互補完が可能であることを示す非常に良いシグナル」と述べた。

彼はまた、インド・太平洋経済フレームワーク(IPEF)発足などに対する中国の反発と関連して、「この種の脅威がまさにこの種のプロジェクトに対する欲求と熱意を呼び起こす」とし「それがまさに駅内国家が(中国の)経済的強要を懸念して、このような脅威の対象にならず、サプライチェーンの安全保障を確保できるより広範な協定の一員になることを望む理由」と述べた。

彼は「私はいろいろな点で中国の経済政策はかなり明確である。中国のアプローチは「非対称的デカップリング(asymmetric decoupling)」」とし「これは世界は中国にもっと依存し、中国は世界にあまり依存するもの」と説明した。

同氏は、中国のこのようなアプローチにより、地域内の国々の間では「一定水準の経済安全保障を確保し、中国の政策に遅れたり脆弱な状態に残らないという熱意があると思う」と明らかにした。

チャブラ補佐官は「米国は依然として中国と非常に大きな貿易関係を維持している」とし、米国は国家安全保障に関連する中国の技術移転試みなど特定領域に焦点を合わせていると明らかにした。

彼は今後のIPEF活動と関連し、「今後受注内のIPEFに関心のある国々を把握し、分野別標準をどのようにするかに対する交渉と外交的努力が展開されるだろう」と明らかにした。

チャブラ先任補佐官はまた、「ロシアに対する輸出統制は輸出統制体制の変化の瞬間で、ロシアを含めて作られた既存の輸出統制体制によってもたらされた難題を解決し、新しい統制体制を作るために協力している」とし「韓国はこのような努力の重要なパートナーになるだろう」と述べた。



Source link


Leave a Reply

Your email address will not be published.