美「韓日に拡張抑止提供専念…北コロナ人道支援は持続」(総合)

By | May 25, 2022


米国務省副次官報、バイデン韓日順房関連ブリーフィング… 韓米日三国協力の重要性を強調
米国務省スポークスマン「国際社会、北露骨的・反復的国連決議違反糾弾すべき」

マーク・ランバート米国務省の韓日担当副次官報が25日(現地時間)、ジョー・バイデン米国大統領の韓国及び日本順方に関連した画像マスコミブリーフィングを行っている。 ©ニュース1
(ワシントン=ニュース1)キム・ヒョン特派員=ジョー・バイデン米国政府は25日(現地時間)、北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)と推定されることを含め、3発の弾道ミサイルを発射したことに関連して糾弾しながら「韓国と日本に対する拡張抑止力を提供することに専念している」と明らかにした。

ただし、挑発にもかかわらず、新種コロナウイルス感染症(コロナ19)の大流行で困難を経験している北朝鮮に対する人道的支援を継続するという立場を明らかにした。

マーク・ランバート米国務省韓日担当副次官報は、この日、バイデン大統領の韓国及び日本順方に関するメディアブリーフィングで、北朝鮮が韓国時間で25日午前3発の弾道ミサイルを発射したことに対して、「北朝鮮は今年23発の弾道ミサイル試験発射をだった”とこのように明らかにした。

彼は「このすべての試験発射は多数の国連安全保障理事会決議案に違反し、北朝鮮が違法な大量破壊兵器(WMD)と弾道ミサイルプログラム能力を発展し続けていることを示している」と指摘した。

ランバート副次官報はこれが韓国及び日本との強力な協力が必要な証拠であるとトニー・ブリンカーン米国務長官が前日、朴ジン外交部長官及び林吉正日本外務相とそれぞれ通話したことを取り上げた。

これと関連して、ブリンカーン長官は韓日両国長官との通話で北朝鮮の弾道ミサイル発射を強力糾弾する一方、韓国と日本の防衛に対する米国の約束は鉄統のようで、朝鮮半島の完全な非核化達成のための3国間緊密な協力継続が重要であることを再確認した。

ランバート副次官報は「北朝鮮はすべての国家に脅威を与え、域内の平和と安全保障を阻害する挑発を続けている」とし「国際社会は北朝鮮が多数の国連安保理決議案を露骨かつ繰り返し違反することを糾弾するのに参加し、すべての関連国連安保理決議案に従い、自分たちの義務を履行する責任がある」と強調した。

ランバート副次官報はまた、「北朝鮮のICBM挑発で北朝鮮に対する人道的支援が影響を受けるか」という趣旨の質問に、「私たちは北朝鮮で深刻なコロナ19の発症に対して警戒心を持っており、これが経済や一日も良くない食糧事情など北朝鮮の住民たちにどのような影響を及ぼすかについて懸念している」と明らかにした。

彼は「我々はまた、今回の発症とこれに対する北朝鮮の対応が朝鮮半島と域内の安定と安全保障にどのような影響を及ぼすかも心配している」とし、「米国の立場はこのような最新の緊張高調行為を考慮しても変わらない。 「と強調した。

彼は「我々は北朝鮮に対する人道的支援とmRNAワクチンを含むコロナ19関連支援を続ける」とし「私たちは常に人道的支援を朝鮮半島の完全な非核化達成のための進展とは別の問題とみてきた」と話した。

ランバート副次官報は、「このために、私たちは北朝鮮内のコロナ19の拡散を防止および抑制し、北朝鮮に住んでいる最も脆弱な北朝鮮住民に重要な人道支援を提供しようとする米国と国際救援および支援団体の努力を強く支持し推奨する。 「と言った。

それと共に「米国は、いかなる問題でも前提条件なしに北朝鮮との対話に依然として開かれている」とし「私たちは北朝鮮が国際社会と協力して北朝鮮住民たちの迅速なワクチン接種を促進するよう促す」と明らかにした。

ネッドプライスアメリカ国務省スポークスマン。 © AFP=ニュース1 © News1 ウ・ドンミョン記者
ランバート副次官報は韓・米・日3局間協力の障壁を問う質問に「私は克服できると思う」とし「韓・米・日間強力で効果的な3局関係は共同の安保と共通の利益のために非常に重要だ」と答えた。

彼は、米国は同盟間の量子紛争に恥ずかしくないとし「私たちは日本と韓国が歴史と他の問題に対する継続的な解決のために議論を続けることを勧めた」と話した。

続いて「私たちは韓国と日本と肯定的で前向きなアジェンダを持っている。このアジェンダは現在と未来に世界で最も緊急な挑戦課題を扱うことに焦点を合わせている」とし、米国は韓日両国と軍事訓練及び力量増強構想を含めた安全保障協力と人権保護と促進、性平等、国際規則に基づく秩序、経済とエネルギー安全保障、サプライチェーンの回復力、気候危機、感染症の解決などのトピックに対する協力の機会を見ていると説明した。

ランバート副次官報は、北朝鮮の核実験などが三国協力に及ぼす影響については「韓米日政府が私たちの安全のため緊密に協力することを防げないだろう」とし「われわれの強化された三国協力は強力だ。を防ぐ何もないと強調したい」と話した。

彼は北朝鮮の追加核実験の可能性による軍事対比態勢変化の可否については「米国は日本と韓国の両方に拡張抑止力を提供することに専念している」と答えた。

ランバート副次官報は、米国政府が使用する「朝鮮半島非核化」と韓国政府が使う「北朝鮮非核化」という用語の違いを尋ねる質問に「私たちは韓国と拡張抑止および非核化合意に関する戦略的目標に対して完全に一致している」と言った。

一方、ネッドプライス国務省スポークスマンもこの日定例ブリーフィングで北朝鮮のミサイル発射に関する質問に「複数のミサイルを発射したことについて糾弾する」とし「このような発射は多数の国連安保理決議案違反であり、域内の平和と安定に大韓脅威」と明らかにした。

プライス広報担当者は「北朝鮮がさらなる挑発を控え、継続的な対話に関与することを促す」と強調しながら「韓国と日本の防衛に対する私たちの約束は鉄統のようだ」と述べた。

彼はブリンカーン長官とロイド・オースティン国防長官が韓国と日本のカウンターパーツと通話したことを紹介し、これが韓国と日本の同盟を強化する証拠だと意味付けた。

彼は次のように述べています。だが、参加するべき責任がある」と話した。



Source link


Leave a Reply

Your email address will not be published.