バイデン、韓・日順方日程仕上げ… 明らかな対北朝鮮・公衆メッセージの発信

By | May 25, 2022


4泊5日間アジア訪問を終えて帰国道を登る…ユン大統領・岸田首相と首脳会談
北道発には断号対応・金正恩と対話の可能性を開いておく… IPEF・クワッドによる中堅制

ジョーバイデン米大統領が2022年5月24日、日本の横田空軍基地で帰国道に乗るためにエアフォース園に搭乗している。 ©ロイター=ニュース1 © News1キム・ヒョン特派員
(ワシントン=ニュース1)キム・ヒョン特派員=ジョー・バイデン米大統領が24日に就任後、初のアジア順番に訪れた韓国と日本の訪問日程を終えて帰国道に上がった。

就任16カ月ぶりにアジアを訪れたバイデン大統領は、今回の韓日訪問を通じて伝統的な友好である韓国と日本との同盟を強化・深化させる一方、北朝鮮と中国に向けて明確なメッセージも発信した。

また、韓国と日本で対米投資と経済協力を引き出すなど、「セールス外交」を通じてシリも取り上げた。

◇バイデン4泊5日間の韓日訪問日程の仕上げ… 29年ぶりに韓国で最初に訪問

ホワイトハウス記者団によると、バイデン大統領はこの日午後6時10分ごろ専用機であるエアフォースワンに搭乗し、横田空港を出発した。 これにより、バイデン大統領の4泊5日間、韓国及び日本訪問日程は全て終えられた。

バイデン大統領は就任16ヶ月ぶりにアジアを初めて訪問した。 バイデン大統領は20~22日、韓国、22~24日に日本を相次いで訪れた。 米国大統領が日本より韓国を先に訪れたのは1993年以降29年ぶりだと伝えられた。

バイデン大統領は去る21日、ユン・ソクヨル大統領、去る23日に岸田文夫日本首相とそれぞれ対面首脳会談を持って同盟強化と協力深化、各種グローバルイシューに対する共同対応案について議論した。

特にバイデン大統領はユン大統領就任11日ぶりに首脳会談を開催し、ユン大統領が歴代韓国大統領としては最も早い時間内に韓米首脳会談を開催する記録を持たせた。

バイデン大統領とユン大統領は2泊3日間毎日同行し、首脳間信頼とユダヤを構築し、韓米同盟を包括的戦略同盟にアップグレードするのに功を奏した。

バイデン大統領は岸田首相と対面首脳会談を持って日米同盟を深める一方、先端技術とサプライチェーン、クリーンエネルギーのような分野で協力を深めることにした。 バイデン大統領は日本の国連安全保障理事会常任理事国進出に対する支持意思を明らかにした。

ジョーバイデン米大統領が23日(現地時間)、東京イズミガーデンギャラリーで画像で開かれたインド・太平洋経済フレームワーク(IPEF)の発足式にもかかわる。 © AFP=ニュース1 © News1 ウ・ドンミョン記者
◇IPEF発足・4回目クワッド首脳会議の開催を通じて明らかな大衆牽制メッセージ

何よりもバイデン大統領は今回のアジア順房で「大中国牽制」に焦点を合わせながら中国に向けて明確なメッセージを送った。

バイデン大統領がウクライナ戦争中にアジアを訪れたのは、2月に中国牽制に初첨を合わせたインド・太平洋戦略の履行に速度を出すという意志とともに、米国がヨーロッパとインド・太平洋という2つのステージでロシアと中国問題を同時に扱えるという点を誇示する意図が込められているとしても過言ではない。

バイデン大統領は特に今回の順番でインド・太平洋地域で中国の経済的影響力拡大を牽制するために推進してきた「インド・太平洋経済フレームワーク(IPEF)」を公式発足させた。

IPEF発足には韓国と日本を含め13カ国が参加した。 当初、「関税減免」、「追加的な市場アクセス」などのニンジン策がないため、IPEFに参加する国家が少数にとどまるという予想が多かったが、これまで消極的という評価を受けた東南アジア国連(ASEAN・ASEAN)10個加盟国のうち7カ国、大衆牽制の面から戦略的に重要なインドまで参加するなど成果を収めたという評価だ。

ただし、今後IPEFに対する詳細を議論していく過程で、各国の利害衝突調整などの難題が少なく、IPEFが意味のある経済協議体として位置づけることができるかどうか見守らなければならないという評価が多い。

これに関連して、キャサリンランペルコラムニストは、ワシントンポスト(WP)に寄稿した文で関税減免および米国市場へのさらなるアクセス未提供の問題を指摘しながら、IPEFがどれだけ成果を上げられるかは懐疑的であると指摘した。

ジョーバイデン米大統領と岸田文夫日本首相、ナレンドラ・モディーインド首相、アンソニー・アルバニスオーストラリア首相が24日(現地時間)、東京首相官邸で開かれるクワッド首脳会議に到着をしている。 © AFP=ニュース1 © News1 ウ・ドンミョン記者
バイデン大統領は中国牽制のための米国・日本・オーストラリア・インドの協議体であるクアッド首脳会議を主導した。 クワッドは、バイデン大統領が就任後、首脳級会議に格上げした後、2回のビデオ会議と昨年9月、ワシントンDCホワイトハウスで初めて対面会議を行った。

4カ国首脳は共同声明を通じてインド・太平洋地域で力によって一方的に現象を変更しようとするあらゆる試みに強力反対するという立場を発表し、台湾と東・南シナ海で軍事的緊張を高めている中国を狙った。

バイデン大統領は特に台湾問題と関連して「軍事介入」の可能性を示唆する発言をまた取り戻し、中国の激しい反発を起こした。 バイデン大統領は岸田首相との首脳会談後、共同記者会見で「台湾が侵攻されたら軍事的に介入する意向があるか」を尋ねる質問に「そうだ」とし「それが私たちがした約束」と答えた。 。

これは、これまで米国が「一つの中国」政策に基づいて、台湾関係法により台湾に自己防衛用武器を支援しながらも、直接的な軍事介入の有無に対しては戦略的曖昧性を維持してきた基調に変化を与えるのではないかという解釈を生んだ。 特にバイデン大統領のこのような発言が米国で2回も含めて3回も繰り返されたという点で注目を集めた。

バイデン政権当局者はもちろん、バイデン大統領も米国の「一つの中国」政策に変化がないと改めて進化したが、バイデン大統領の発言は中国に対する「最も露骨な警告」(CNN)という分析が提起された。

バイデン大統領はこれまで大衆牽制戦線合流に慎重な歩みを見せてきた韓国をもう少し確実に隊列に立てるようにする成果も収めた。 バイデン大統領はユン大統領と自由で開放されたインド・太平洋のための協力を強化し、IPEFでも緊密な協力を約束した。

今回の韓米首脳会談の共同声明には昨年5月、バイデン大統領と文在寅前大統領間首脳会談後に出た声明と同様に、「台湾海峡の平和・安定維持の重要性」に言及する文句も改めて盛り込まれた。

ユン・ソクヨル大統領とジョ・バイデン米大統領が22日、京畿道烏山空軍基地に位置する航空宇宙作戦本部(KAOC)作戦調整室を訪れ、挨拶を終えて握手している。 (大統領実写記者団)2022.5.22 /ニュース1 © News1アン・ウンナ記者
◇対北朝鮮メッセージ配信…北道発には断号対応、金正恩と対話余地開けておく

就任初期以降、北朝鮮に対する言及をなかなかしなかったバイデン大統領は、今回の巡方をきっかけに、北朝鮮に対してもより明確なメッセージを伝えた。

バイデン大統領は、北朝鮮が巡方期間追加の核実験および長距離弾道ミサイル試験発射ができるという展望まで出てきた緊張した状況で、ユン大統領と韓米連合軍事訓練の拡大と韓米拡張抑制戦略協議体(EDSCG)再稼働、米軍戦略資産展開再確認を合意するなど、北朝鮮の挑発に対して確実な警告状を取り出した。

バイデン大統領は通常、米高官の訪韓時に訪れる非武装地帯(DMZ)の代わりに、京畿道烏山空軍基地に位置する航空宇宙作戦本部(KAOC)作戦調整室を探し、北朝鮮の挑発に対する断固たる対応意志を明らかにした。

これと共に対北外交的アプローチ基調を再確認し、北朝鮮が非核化対話に応じることを促したのはもちろん、新種コロナウイルス感染症(コロナ19)ワクチン支援医師を明らかにするなど、強温両面のメッセージを発信した。

バイデン大統領は特に去る21日共同記者会見で、金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮労働党総秘書と会う容疑があると明らかにし、「金総秘書が真正性があるのか​​、真剣かどうかにかかっている」と明らかにした。

ただし、米国メディアは、バイデン大統領が金総秘書との対話の可能性を開いておいたのは、以前のドナルド・トランプ前大統領とは極端な対照を成しているという評価を出している。

WPはこの日の記事で、バイデン大統領が韓国訪問当時「キム総秘書に伝えるメッセージ」を聞くと「こんにちは、終わり」と答えたことを思い出させ、「トランプ元大統領がキム総秘書に3回会って「ラブレター」を通じて親戚を誇示したが、バイデン副大統領は、真正性があるか真剣でなければ、金総秘書に会わないと言いながら、明らかに違ったアプローチを見せた」と評価した。

また、北朝鮮がバイデン大統領の順番期間追加挑発を敢行していなかったが、早ければ今月末の7次核実験や大陸間弾道ミサイル(ICBM)試験発射の可能性が提起されているだけに、バイデン大統領の今後の対北メッセージが注目される。

バイデン大統領は今回のアジア順方を通じて対米投資を誘致し、経済協力を強化することにするなど、「セールス外交」の成果も収めたという評価だ。

バイデン大統領は訪韓初日、サムスン電子半導体工場を訪問し、イ・ジェヨンサムスン電子副会長などと会い、グローバルサプライチェーンなど経済安全保障協力案を議論し、訪韓最後の日には105億ドル(約13兆2800億ウォン)対米投資を約束した正義線現代車グループ会場に会ったりもした。

バイデン大統領はサムスン電子半導体工場を訪問した当時、協力会社の職員である米国人に投票を促すなど、来る11月中選選挙を意識していることを明らかにした。

ユン・ソクヨル大統領とチョ・バイデン米大統領が20日、京畿平沢サムスン電子半導体工場を訪問し、イ・ジェヨン副会長とともに半導体生産ラインを見回り、関係者の説明を聞いている。 (大統領実写記者団)2022.5.20/ニュース1 © News1



Source link


Leave a Reply

Your email address will not be published.