米国務、26日大衆政策発表… 「韓日順房」バイデン帰国2日間

By | May 24, 2022


26日午前10時ジョージワシントン大学で演説… コロナ感染で今月初めに煙

トニー・ブリンカーン米国国務長官。 © AFP=ニュース1 © News1 ウ・ドンミョン記者
(ワシントン=ニュース1)キム・ヒョン特派員=トニー・ブリンカーン国務長官が来る26日、ジョー・バイデン政権の対中国政策を発表する。

ブリンカーン長官の大中国政策発表は、バイデン大統領が就任以来、初のアジア順房を終えて帰国してから2日ぶりに開かれることで注目される。

ブリンカーン長官は来る26日(現地時間)午前10時、ジョージ・ワシントン大学でバイデン政権の政策を説明する演説をする予定だと国務省は24日明らかにした。

当初、ブリンカーン長官は今月初めの演説を通じて大中国政策を公開する予定だったが、新種コロナウイルス感染症(コロナ19)に確定し、延期された。

ブリンカーン長官の大中国政策発表には大きく新しい内容はないだろうというのが米国メディアの代替的な観測だ。 対中国牽制においては、以前のドナルド・トランプ政権の基調を維持しながら、同盟との協力強化に重みを置く側に焦点があるとみられる。

ただし、今回の演説がバイデン大統領が韓国及び日本順方を通じて大中国牽制メッセージを明らかに明らかにした後に行われるという点で注目を集める。

バイデン大統領は今回の巡方期間、インド・太平洋地域で中国の経済的影響力拡大を抑えるために推進してきたインド・太平洋経済フレームワーク(IPEF)を公式発足させたのに続き、大中国牽制協議体であるクアッド首脳会議に参加しながら中国を狙ったメッセージを発信した。

特にバイデン大統領は、日本訪問期間中、中国の台湾侵攻時、米国の軍事介入の可能性を示唆する発言を再度出し、中国が激しく反発したりもした。

これにバイデン大統領はもちろん、行政府当局者たちはすべて米国の「一つの中国政策」には変化がないと進化したが、バイデン大統領が3回も同様の発言を出しただけに中国に向けてより明確な警告を送ったことを越えて「一つの中国の政策に対する認識が変わっているのではないかという解釈が出ている。

これにより、ブリンカーン長官は演説を通じて「一つの中国」政策に変化がないという点を改めて強調するものと見られる。



Source link


Leave a Reply

Your email address will not be published.