バイデン、アジア順房は終わったが…。米国務省「北追加挑発継続懸念」

By | May 24, 2022


米国務省のスポークスマン「私たちの懸念は弱まらなかった」

ネッドプライスアメリカ国務省スポークスマン。 © AFP=ニュース1 © News1 ウ・ドンミョン記者
(ワシントン=ニュース1)キム・ヒョン特派員=ジョー・バイデン米大統領が就任以来、初のアジア順方である韓国及び日本訪問日程を終えて帰国道に上がった中、米国国務省は24日(現地時間)、北朝鮮の7次核実験ををはじめとする追加挑発の可能性を重ね懸念した。

ネッドプライス国務省スポークスマンはこの日定例ブリーフィングで「北朝鮮が核・ミサイル試験準備を終えた」という韓国国防部当局者の言及に関連した質問に「私たちは北朝鮮がまた別の挑発の直前にあるという懸念を共有している」とし「これは私たちが長い間話してきた懸念です」と述べた。

ジェイク・サリバン・ホワイトハウス国家安保補佐官など米国当局者は、北朝鮮が早ければ今月中に追加の核実験をする準備を終えることができ、バイデン大統領のアジア巡方期間やその直後に核実験及び長距離弾道ミサイルなど追加挑発を行うことができると警告してきた。

プライススポークスマンは、米国が過去数週間、バイデン大統領の韓国と日本の訪問期間、またはその後数日以内に北朝鮮が追加挑発に出ることができると予測してきた。かもしれないと言った。 それとともに「私たちの懸念は弱くならなかった」と強調した。

続いて「私たちは同盟と緊密な協力を続けて、北朝鮮の挑発が続く限り、北朝鮮が対価を払うように適切な防御と抑止態勢を維持する上で同盟を安心させるだろう」と述べた。

プライス広報担当者は、北朝鮮の追加挑発の際、国連安全保障理事会で追加制裁を推進しても、常任理事国である中国とロシアの逆に倒産される可能性が予想されるためには「先に進みたくない」としながらも「私たちは国際社会が北朝鮮の持続なる挑発に対して対価を払うように責任を負う側に重さを置くことが重要だと信じる」と強調した。

彼はこれに対して国連で同盟およびパートナーと議論しており、バイデン大統領が韓国と日本訪問で議論したとし、「バイデン大統領は韓国と日本に対する私たちの防衛の約束は鉄統のようであることを明らかにした」と話した。した。

彼は引き続き「私たちは防衛・抑止力の面で適切な態勢を整えたという点を保障し、私たちの懸念どおり北朝鮮の挑発が続く場合、引き続き適切な費用を課すように彼ら(韓日)と引き続き緊密に協力するだろう」とした。

北朝鮮がバイデン大統領の韓日順房期間挑発しなかったが、一部では来る30日、米国メモリアルデイ連休に挑発を敢行できるという観測も出ている状況だ。



Source link


Leave a Reply

Your email address will not be published.