米大北専門家「北’ゼロワクチン’状況に10万人以上死亡の可能性が高い」

By | May 16, 2022


ビクター車CSIS韓国席、北コロナ支援強調

ビクター車米戦略・国際問題研究所(CSIS)韓国席。 2021.9.22/ニュース1 © News1 ク・ユンソン記者
(ワシントン=ニュース1)キム・ヒョン特派員=北朝鮮の新種コロナウイルス感染症(コロナ19)事態が広がっている中、北朝鮮がコロナ19ワクチンをほとんど接種していない「ゼロワクチン」の状況により10万人以上が死亡する可能性この高いという米国の北朝鮮専門家の展望が出た。

ビクター車戦略国際問題研究所(CSIS)韓国席は米シンクタンクの一つである「ウッドロウィルソンセンター」主導で作成され、15日(現地時間)公開された韓米両国専門家20人の政策提言報告書で「金正恩が米国の軍事力よりさらに恐れなければならないのは、公衆衛生インフラが全くない北朝鮮にファンデミックが窓際する可能性」と前提してこう述べた。

この報告書は最近、米ホワイトハウスと国務省、国防省に提出されたと伝えられた。

茶座席は報告書で「北朝鮮は米国が支援するワクチンイニシアチブであるコバックスが何度も提案したにもかかわらず、(北朝鮮)住民にいかなるコロナワクチンも接種していない全世界2カ国の一つ」とし「その結果2500万人住民が巨大な病気の窓際に脆弱になり、すでに感染となったごく少数だけが免疫力を持っているだろう」と指摘した。

彼は特に「CSISが招集した専門家パネルは、北朝鮮が住民にワクチン接種をしないため、北朝鮮内コロナ19変異が突然勃発すれば10万人以上が死亡する可能性が高いという結論を導出した」と明らかにした。

彼は「北朝鮮は「ゼロコロナ」政策を2年以上施行したが、このため重要な食料と医薬品の供給が遮断され、深刻な資源難を経験している」とし「これは人道主義的観点からひどいことだけでなく、コロナウイルスがさらに進化する」機会を提供し、潜在的にはワクチンや以前の感染による免疫効果を無力化することでファンデミックを悪化させることができる。

茶座席はまた、「下痢北朝鮮が人道主義的支援を受け入れたとしても、北朝鮮政府の交渉行動はまた別の困難を引き起こす可能性がある」とし「北朝鮮指導層は何を望むかを明らかにせず、最高の条件を引き出すために様々な団体を歩き回り、「フォーラムショッピング」をしたりする」と指摘した。

また、「ゼロコロナ」原則を強く固守している中国は、北朝鮮が現在のアプローチから抜け出すことに反対するだろう」とも述べた。

次の座席は、核問題とは別に、北朝鮮内のコロナ19予防のための支援努力が緊急だとし、「金正恩政権は韓国と米国が支援するコバックスの大規模mRNAワクチンイニシアチブを拒絶するのが難しいだろう。これは金正恩が部分的に経済を再開させる」と主張した。

これと関連して、米国務省は13日、ニュース1の書面質疑に国際ワクチン共同購入プロジェクトであるコバックス(COVAX)が米国が寄付したmRNA系列の「ファイザーワクチン」を北朝鮮に割り当てる場合、支持するという立場を明らかにした。バーがあります。

茶座席は引き続き「こうした支援は北米間の雰囲気を改善し、北朝鮮の新たな連鎖挑発を防ぐこともできる」とし、北朝鮮が中国産ワクチンの効能を疑って中国のワクチン提供の提案を拒否したことに言及しながら「(こうした支援は)「ゼロコロナ」政策を共に追求している北朝鮮と中国の関係を複雑にすることができる」と強調した。

彼は「罪のない北朝鮮住民を致命的な病気から保護するのは正しい行動であるだけでなく、このファンデミックを終息させようとする世界的な利益に合致する」と付け加えた。

これとともに、車席座はコロナ19が北朝鮮経済に大きな打撃を与え、その結果、2020年の北朝鮮の経済状況は、全人口の10%が死亡した1990年大気筋と同様の水準になったと一部で国際的制裁で石油とガスの輸出に困難を経験しているロシアが貿易多様化次元で北朝鮮を好むようになり、北朝鮮経済に役立つという主張が提起されることについて「しかし、北朝鮮がゼロコロナ政策で国境を封鎖する限り、その影響は制限的だろう」と分析した。 。

彼は「このすべてを考慮すると、1年以上封鎖がさらに維持される場合、北朝鮮経済が耐えられるかどうかは不確実だ」と付け加えた。



Source link


Leave a Reply

Your email address will not be published.