ミラー防衛、ラウクラ侵攻後初通話…美「すぐに休戦を促す」(総合)

By | May 14, 2022


両大臣、去る2月18日以降約3ヶ月ぶりに通話…美依頼で行われた
オースティン「コミュニケーションライン維持の重要性を強調」… 問題解決や直接変化なし

ロイドオースティンアメリカ国防長官。 © AFP=ニュース1 © News1 ウ・ドンミョン記者
(ワシントン=ニュース1)キム・ヒョン特派員=ロイド・オースティン米国防長官は13日(現地時間)、セルゲイ・ショイグロシア国防長官と電話通話をしてウクライナでの即時の休戦を促した。

ジョン・カービー国防部の広報担当者はこの日の声明を通じて両国防長官の通貨事実を発表した。

ミラー国防長官間の通貨はロシアのウクライナ侵攻(2月24日)直前の2月18日の通貨以降初めてだ。 今回の通貨は米国側が主導してなされたと伝えられた。

米国防総省のある高位当局者は電話ブリーフィングで二人の通話は1時間ほど進行され、「専門的」だったと雰囲気を説明した。

オースティン長官はまた、通貨でのコミュニケーションライン維持の重要性についても強調したとカービィ広報担当者は伝えた。

米国とロシアはロシアが「特別軍事作戦」と呼ぶロシアのウクライナ侵攻以後、域内で五版と緊張高調を防ぐためにホットラインを構築してきた。

これと関連して、ロシア国防部はウクライナの状況を含めて国際安全保障問題を議論したと明らかにしたとロシアタス通信が伝えた。

米高官は、両大臣の通貨が特別に敏感な問題を解決したり、ロシアがウクライナでやっていたり話していることに直接的な変化をもたらさなかったと述べた。

オースティン長官はロシアのウクライナ侵攻後、何度もショーイグ長官との対話を試みたが、これまでロシアはこれを拒否してきたと伝えられた。

昭井区長官が突然通話を受け入れた理由については確認されていない。 米高位当局者も「私たちは引き続き連絡を取ってきた。 ショーイグ長官は今週の電話に同意したが、何が彼らの心を変えて心を開くよう動機を与えたか私たちが確かにわからない」と話した。

米高位当局者は引き続き「私たちはこれが今後対話の足場になることを願う」とし「事実(オースティン)長官はそのような点を指摘し、昭井区長官とのコミュニケーションラインが再び連結されたので開放された状態を維持してほしいという点を指摘した」と明らかにした。 彼は「だからそれはまだ置いて見なければならない。まだ分かるには早いが、彼らがこのような接続を作ることができたというのは良い兆候」と浮かんだ。

CNNはこの日、両長官の通話に続き、マーク・ミリ米合参議長も、バレリー・ゲラシモフロシア総参謀長(合参議長格)と通話するために接触すると伝えた。 二人の最後の通話は2月11日だった。

一方、オースティン長官が「休戦」を促したことを置き、一部では米国が「ウクライナの勝利を助け、ロシアを弱体化させる」という立場から変化したのではないかという指摘が提起された。

これに対して米高官は「私たちの政権は絶えず戦争が止まることを望んできた。オースティン大臣が「戦争が終わることができる」と話したが、それはロシア軍が攻撃を止めて撤退すればその日の戦争が終わることができるという意味だ」とし「私たちの政策には何の変化もない。目標は変わらなかった」と一蹴した。



Source link


Leave a Reply

Your email address will not be published.