米国務省「コバックス美寄付「ファイザーワクチン」北に割り当てる際に支持すること」

By | May 14, 2022


ニュース1書面による質問に答える… 「北住民の迅速なワクチン接種を促す」

新種コロナウイルス感染症(コロナ19)の確定者が「0人」と主張していた北朝鮮が12日、確定者が出たと初めて明らかにした。 金正恩(キム・ジョンウン)労働党総秘書も前日駐在した政治局会議にマスクをかけて参加する場面が捕捉されたりもした。
(ワシントン=ニュース1)キム・ヒョン特派員=北朝鮮が新種コロナウイルス感染症(コロナ19)発症事実を初めて公式認めた中、米国務省は13日(現地時間)国際ワクチン共同購入プロジェクトであるコバックス(COVAX)などを北朝鮮にワクチンを提供することを支持するという立場を明らかにした。

米国務省の広報担当者はこの日、北朝鮮のコロナ状況に関連したニュース1の書面問いに「私たちは北朝鮮のコロナ19発症に関するメディア報道に注目している」とし「私たちはこれが北朝鮮住民たちにどのような影響を及ぼすか懸念しており、北朝鮮に対するワクチンの提供を支持し続ける」と明らかにした。

米国務省の広報担当者は「このために、我々は北朝鮮内コロナ19の拡散を防止および抑制し、北朝鮮の脆弱階層に対して他の形態の人道的支援を提供しようとする米国と国際救護・保健機関の努力を強く支持し奨励する」と強調した。

米国務省のスポークスマンは、特に「コバックスが私たちの寄付の大半を占める莫大な量のファイザワクチンの割り当てを決定する」とし、「もしコバックスが北朝鮮に(回利)ドスを割り当てるならば、我々はAMC 92とアフリカ連合(AU)のすべての加盟国に対して行ったように支持するだろう」と強調した。

ワクチン先買公約メカニズム「コバックスAMC」は先進国が寄与した資金で開発途上国にワクチンを供給する体系で、米国はファイザーワクチン数億回分をコバックスを通じてAMC受益対象の92カ国のうち、低所得国とAUに寄付すると言ったことがある。

米国務省の広報担当者の立場は、前日、米国が「ワクチン共有計画はないが、人道的支援努力は支援する」と明らかにしたことから一歩進んだものとみられる。

禅咲ホワイトハウスの広報担当者は、前日(12日)のブリーフィングで、米国がコロナが拡散する北朝鮮にワクチン支援を推進するかという質問に「北朝鮮は繰り返し、コバックスのワクチン寄付を拒否した。米国は現在、北朝鮮にワクチンを共有する。する予定はない」と話した。

サキ広報担当者はただ、「私たちは最も脆弱な北朝鮮住民に重要な人道主義的支援を提供しようとする目的の国際的な努力を続けて支持する」と述べた。

これにより、ジョーバイデン米政府は、コバックスが米国が寄付したファイザーでワクチンを北朝鮮に割り当てるとしても反対しないという意味を明確にしたと解釈される。

国務省が「ファイザーワクチン」を具体的に言及したのも注目を集める主題だ。 北朝鮮はこれまでコバックスが割り当てた297万回分の中国産シノバックワクチンを拒否し、アストラジェネカ以外の他のワクチン提供の可能性を打診したと伝えられる。 これをめぐって北朝鮮がファイザーなど信頼度の高いワクチンを要求したのではないかという解釈が出た。

国務省の広報担当者は、「今まで、北朝鮮はコバックスのすべてのワクチンの寄付を拒否した。努力を支持し続ける”とし”私たちは北朝鮮が国際社会と協力して北朝鮮住民の迅速なワクチン接種を容易にするよう促す”と明らかにした。



Source link


Leave a Reply

Your email address will not be published.