CNN「北の「ゼロワクチン」の状況、災害につながる可能性…ワクチン提供リーダーシップ要求」

By | May 13, 2022


北荒廃した医療インフラなどコロナ19対応問題指摘

新種コロナウイルス感染症(コロナ19)の確定者が「0人」と主張していた北朝鮮が12日、確定者が出たと初めて明らかにした。 金正恩(キム・ジョンウン)労働党総秘書も前日駐在した政治局会議にマスクをかけて参加する場面が捕捉されたりもした。
(ワシントン=ニュース1)キム・ヒョン特派員=米CNNは13日(現地時間)、北朝鮮で新種コロナウイルス感染症(コロナ19)が急速に拡散していることに関連して、コロナ19ワクチン接種がほとんどない北朝鮮の「ゼロワクチン」状況が災害を招く可能性があると指摘した。

CNNはこの日報道で「北朝鮮は世界コロナ19ワクチン共有プログラムであるコバックス(Covax)対象であるにもかかわらず、どのコロナ19ワクチンも接種していないと推定される」とし「北朝鮮人口のほとんどがワクチン接種をしなかったと仮定すれば、検査能力が制限され、医療インフラが不足しており、外部世界と孤立している北朝鮮での発症は急速に致命的である可能性がある」と明らかにした。

CNNは引き続き「ワクチンへのアクセスを提供するための国家リーダーシップに対する要求が高まっている」と述べた。

北朝鮮労働党機関誌労働新聞は、韓国時間13日、「4月末から原因が分からない熱病が全国的範囲で爆発的に伝播拡大した」とし、35万人の有熱者(発熱者)が発生し、16万2200人が完治した。現在まで18万7800人が隔離及び治療を受けていると明らかにした。

前日の12日の1日間だけ、遺熱者が1万8000人増えたと集計されたと明らかにし、死者は6人が発生したと労働新聞は伝えた。 死亡者6人のうち1人だけが「BA.2(ステルスオミクロン)」の確認者として確認されたと明らかにした。

北朝鮮はこれを緊急防衛戦線に破空が生じた「国家最重大緊急事件」と規定し、全国を封鎖するなど最大緊急防疫体系への転換を宣言した状態だ。 金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮労働党総秘書は初めてマスクを着用したまま党中央委員会政治局会議を主宰し、国家緊急防疫司令部を訪問して「防疫虚点」を真剣に指摘したと新聞は伝えた。

北朝鮮は2020年2月、コロナ19ファンデミックが始まった後、コロナ19防疫を最優先順位に置いて2年以上国境をかけてロックし、徹底した封鎖に注力してきた。 それとともに、たった一人のコロナ19確定者もいないと主張してきた。

CNNは「コロナ19の発生は北朝鮮に災害的状況であることが明らかになる」とし「北朝鮮の荒廃した保健インフラは伝染性の高い病気にかかった数多くの患者を治療する任務を余儀なくされる」と明らかにした。

CNNは「2500万人の人口を持つ北朝鮮が世界中で数百万人を感染させたウイルスによる被害を見なかったことを信じる人がほとんどいなくても、北朝鮮は以前に何らかのコロナ発症事例を認めなかった」と指摘した。

国際アムネスティの張宝ラム東アジア研究員は「北朝鮮がコロナ19から住民を保護するのに十分なワクチンに接近できることを示す証拠はない」とし「しかし北朝鮮は世界保健機関(WHO)が主導するコバックスプログラムが提供というアストラジェネカとシノバックワクチン数百万ドーズを拒否した」と話した。

チャン研究員は「北朝鮮でコロナの発症が公式に初めて知られた状況でこの道を続けることは多くの命を犠牲にすることができ、保健権利維持に対する不道徳な職務有機になるだろう」と批判した。

北朝鮮は先にコバックスが配分した297万回分の中国産シノワクワクチンを拒否し、アストラジェネカ以外のワクチン提供可能性を打診したことがあると伝えられた。 これはファイザーとモダナのような信頼度の高い米国産を望むと解釈されたりもした。

コバックスは、北朝鮮が引き続きワクチン受領を拒否すると、2月に北朝鮮割り当て量を縮小したことが分かったとロイター通信が報道した。

コバックス側は、北朝鮮に対する「必要に基づくワクチンの割当量」を転換し、「現在、どんな物量も約束していない」と明らかにした。 コバックス側はただ、「もし北朝鮮がコロナ19ワクチン接種プログラムを開始することにした場合、国際免疫目標に追いつくことができるように、コバックスの目標基準と技術的考慮事項に基づいてワクチンを使用できるようになるだろう」と明らかにした。



Source link


Leave a Reply

Your email address will not be published.