ミラー国防長官、ラウクラ侵攻後初通話…美「即時休戦を促す」

By | May 13, 2022


米国防部、通話事実発表… 去る2月18日から約3ヶ月で通貨

ロイドオースティンアメリカ国防長官。 © AFP=ニュース1 © News1 ウ・ドンミョン記者
(ワシントン=ニュース1)キム・ヒョン特派員=ロイド・オースティン米国防長官は13日(現地時間)、セルゲイ・ショイグロシア国防長官と電話通話をしてウクライナでの即時の休戦を促した。

ジョン・カービー国防部の広報担当者はこの日の声明を通じて両国防長官間の通話事実を発表した。

ミラー国防長官間の通貨はロシアのウクライナ侵攻(2月24日)直前の2月18日の通貨以降初めてだ。

オースティン長官はまた、通貨でのコミュニケーションライン維持の重要性についても強調したとカービィ広報担当者は伝えた。

これと関連して、ロシア国防部は米国側主導で今回の通話がなされたとし、ウクライナの状況を含めて国際安全保障問題を議論したと明らかにしたとロシアタス通信が伝えた。

米国とロシアはロシアが「特別軍事作戦」と呼ぶロシアのウクライナ侵攻以後、域内で五版と緊張高調を防ぐためにホットラインを構築してきた。

‘衝突回避’ホットラインは米軍欧州司令部本部に基づく開放された電話回線で、トッド・ウォルターズ北大西洋条約機構(NATO・NATO)連合軍最高司令官であり、米ヨーロッパ司令部最高司令官が務めている。

ただし、米国防総省は最近、引退を控えたウォルターズ司令官の後任で、ロシア統として評価されるクリストファー・カボリー県ヨーロッパ駐留陸軍司令官(隊長)を任命した。



Source link


Leave a Reply

Your email address will not be published.