発足差し迫ったバイデン主導IPEF… 参加国・詳細内容注目

By | May 12, 2022


バイデン、韓日訪問期間公式発足展望…韓・日・オーストラリア・ニュージーランド参加有力
「貿易関税引き下げ」を含まないなど誘引策が抜けて参加ジョザーの可能性も

ジョーバイデンアメリカ大統領。 © AFP=ニュース1 © News1 ウ・ドンミョン記者
(ワシントン=ニュース1) キム・ヒョン特派員=チョ・バイデン米国行政府が推進している「インド・太平洋経済フレームワーク(IPEF)」の公式発足が差し迫った雰囲気だ。

これにより、IPEF参加国や細部内容などに関心が集まっている。

11日(現地時間)ブルームバーグ通信とアクシオスなど米メディアによると、ジョーバイデン大統領は来る20~24日、韓国および日本順方期間IPEF公式発足を宣言すると予想される。

ドミタ・コージー米駐在日本大使は去る9日、あるシンクタンク行事で、バイデン大統領のアジア巡方期間米国主導のIPEFの公式発足が起きると期待していると米国と共にIPEFに含まれるアイデアをさらに具体化することに努めていると明らかにした。

これと関連して、米国は最近、インド・太平洋地域同盟およびパートナーたちに、バイデン大統領の韓日順房期間IPEFを公式発足するという計画を知らせて宣言文草案を公覧するなど、各国の参加を励ましたことが分かった。

IPEFは、バイデン政権が米国の雇用に及ぼす影響を懸念して包括的・漸進的環太平洋経済同伴者協定(CPTPP)復帰を拒否する代わりに、新たに推進中のインド・太平洋地域経済協力体として、中国が域内包括的経済同伴者協定(RCEP)などを通じてインド・太平洋地域で経済的影響力を拡大するための牽制次元の性格を持っている。

IPEFは、貿易とサプライチェーン、脱炭素およびインフラ、脱税および腐敗防止など4つのテーマを中心に参加国の経済分野協力案を模索することに焦点を当てている。

バイデン大統領が昨年10月、東アジア首脳会議(EAS)で関連構想を初めて公開し、アセアン(ASEAN・東南アジア国家連合)国家の参加を増やすために発足時点をずっと遅らせてきた。 バイデン大統領は来る12日から2日間、ASEANと特別首脳会議を開催し、IPEF参加を促すと占められる。

米アセアン首脳会議には、アセアン加盟国のうちクーデターロ軍部が執権したミャンマー、大統領選挙が終わったフィリピンを除く8カ国首脳が参加することが分かった。

ホワイトハウスの高官は、同日、電話ブリーフィングでIPEFについてのASEANとの議論について、「私は私たちがASEAN諸国との非常に実質的な対話に関与しており、今後進む方法について緊密な協力をしていると言うだろう」と明らかにした。

この当局者は「私たちはこれについてもっと発言があるだろう」とIPEFは首脳だけでなく専門家グループ間で深い対話の主題だと説明した。

現在確実なIPEF参加国としては、韓国と日本、オーストラリア、ニュージーランドが挙げられる。 シンガポールとフィリピンを含むアセアン諸国も参加参加者に選ばれる。

まだIPEFの詳細は確認されていない。

ラモンド米商務長官は、IPEFに貿易とデジタル標準、労働問題、クリーンエネルギー、インフラが含まれるが、「伝統的な貿易協定」の形を取らないと明らかにした。

ただし、IPEFに「貿易関税引き下げ」が含まれないと伝えられた。

これにより、ASEAN諸国などIPEFへの参加規模が低調になる可能性があるという指摘が提起される。 通常、経済協力体の参加を誘引するために「関税引き下げ」がにんじん策として提示されるが、IPEFには関税引き下げが抜けただけにすぐに参加誘引が大きくないという分析からだ。

そのため米上院ではIPEFが目標を達成するにはあまりに制限的だという批判を受けている。 富田大使も行事でIPEFが「自由で開放的なインド・太平洋造成のために非常に重要な構想」と評価したが、参加者を引き付けるためには実質的な恩恵をもたらすべきだと警告した。

IPEF公式発足式は、バイデン大統領が日本を訪問する23日や24日に開かれる可能性が高い。 発足式形式は対面と画像を結合した首脳会議が可能性が有力だと伝えられた。 いずれの形式でも発足式が開かれる場合、同参意思を被力した韓国はユン・ソクヨル大統領が直接参加する共産が大きい。

IPEFは、発足式後、関心のある域内パートナーが今年末の運営方式と議題、日程などに対する交渉に入ると占められ、詳細に対する意見調整が終わった後、一種の合意が締結されるとアクシオスは伝えた。

一部では、バイデン政権が議会の承認を必要とする伝統的な貿易協定ではなく、行政措置を通じて発足を計画しているという観測も提起される。

しかし、これは環太平洋経済連携協定(TPP)のように議会が直面する政治的困難を回避するのに役立ちますが、市場へのアクセスを増やしたり、法改正を必要とする他のどの譲歩もバイデン政権が提供できないことを意味しますとアクシオスは明らかにした。



Source link


Leave a Reply

Your email address will not be published.