Category Archives: 国内

立憲・福山幹事長、山本太郎氏に「恨み節」 「最終局面になって出たということで…」

   現職の小池百合子氏(67)が他の候補に大差をつけて再選を果たした東京都知事選(2020年7月5日投開票)をめぐり、立憲民主党の福山哲郎幹事長は7月7日の記者会見で、「支持層が重なっている山本太郎さんが最終局面になって出たということで、野党側の票が割れることは自明になった」と述べた。    立憲、共産党、社民党などが元日弁連会長の宇都宮健児氏(73)の支援を決める中で、告示直前に、れいわ新選組の山本太郎代表(45)が出馬を表明。いわゆる「リベラル票」が割れることになり、それが有権者にもネガディブな印象を与えたとの見方だ。 記者会見する立憲民主党の福山哲郎幹事長。東京都知事選について「やっぱり、戦う姿勢としては野党がまとまって戦うという形をとりたかった」と話した 「都民にいくら投票を呼びかけても…」    国民民主党は自主投票だったが、原口一博国対委員長、平野博文幹事長、小沢一郎衆院議員らが宇都宮氏を支援。こういったことを念頭に、福山氏は都知事選を 「一定、まとまった形の選挙ができたと思う」 と総括したが、 「ただ、残念ながら、やっぱり支持層が重なっている山本太郎さんが最終局面になって出たということで、野党側の票が割れることは自明になった」 「野党が割れた状況が見える中で、都民にいくら投票を呼びかけても、『どうせ勝てないだろう』ということが、やっぱりあったのではないかと思っている」 とも述べた。宇都宮氏と山本氏の得票は、それぞれ84万4151票と65万7277票。両者の得票を足しても、小池氏の366万1371票には遠く及ばない。それでも福山氏は、 「やっぱり、戦う姿勢としては野党がまとまって戦うという形をとりたかったと、私自身は個人的に、そのように考えている」 と話し、山本氏の出馬を批判した。    なお、NHKや共同通信の出口調査によると、立憲支持層のうち宇都宮氏に投票したのは半数程度で、3割程度が小池氏に投票。山本氏に投票した人も2割近くいた。    ただ、福山氏は、れいわと「対立関係にあった」という見方には反発した。記者の 「れいわとの、ある意味、都知事選で対立関係にあった中、今後の衆院選において、野党連携で、れいわ新選組との連携というのはどのようにお考えか」 という質問に対して、 「元々、れいわとの連携について、我々は否定的なことを申し上げたことはないわけだし、宇都宮健児さんに対して我々が支援を決めたが、残念ながらそこで山本太郎さんが出馬をされたので…。別に我々は当初から山本さんと対立しようとして都知事選をやったわけではないので、そこは表現の仕方と…。なんか『対立した』と言うけど、我々は宇都宮さんでやろうと思っていたわけで、別にその時から山本太郎さんと対立しようと思っていたわけではないので、そこは表現の仕方はご留意いただきたい」 などと反論。「対立」があるとすれば、山本氏が原因だとの見解をにじませた。 「5%の話は、れいわさんがいつも言われていることなので…」 続きを読む 1 2 3 全文表示 [ad_2] Source link

桜井誠氏「コロナ」「減税」強調も奏功か 目立つ若者&都市部への浸透

   2020年7月5日に投開票された東京都知事選では、日本第一党党首の桜井誠氏(48)が前回16年の都知事選に続いて「5番手」となった。桜井氏は「在日特権を許さない市民の会」を立ち上げ、街宣活動が排外主義的だとして問題視されてきた。    桜井氏は3回にわたって開かれた「主要候補者」による討論会に一度も招かれなかったが、17万8784票を得票。前回から56.6%も得票を伸ばした。メディアへの露出がきわめて限られる中で、桜井氏はネットを利用した選挙活動を展開。中国を非難しながら新型コロナ対策を主張した。ネットを利用する度合いが高い年齢層や、千代田区や新宿区といった都心部での得票が比較的多かった。 桜井誠氏は前回2016年の都知事選と比べて得票を1.5倍に伸ばした(2016年撮影) 得票率高いのは台東区、中野区、千代田区、豊島区、新宿区    21人が立候補した前回16年は、桜井氏は11万4171票を得票。小池百合子氏、増田寛也氏、鳥越俊太郎氏、上杉隆氏に次ぐ5番手だった。    桜井氏は、現職の小池氏の再選確実が報じられた後に行った動画配信で、今回の選挙について「ひとつの大きな指針を示した」と総括。その意図を 「バーチャル選挙、バーチャル街宣、バーチャル対談。こういったものを通じて、皆さんもバーチャル、ネットの力を少しでも感じていただけたのでは」 などと語った。NHKが報じた出口調査の結果でも、桜井氏は5番手。年齢別に見ると、10代・20代と40代の支持が比較的多く、70代以上が最も少なかった。ネット利用の頻度が高い層の支持が多かったと読むこともできそうだ。    桜井氏の東京都全体の得票率は2.92%だが、地域別に見るとばらつきがあり、特に都心部での浸透が目立つ。最も高かったのが小笠原村と御蔵島村で、それぞれ3.65%。島しょ部以外では台東区(3.64%)が最も高く、中野区(3.50%)、千代田区(3.49%)、豊島区(3.48%)、新宿区(3.42%)と続いた。    逆に最も低かったのが青ヶ島村の0.00%(=0票)。島しょ部以外では檜原村(0.65%)、奥多摩町(1.45%)、日の出町(1.93%)、青梅市(2.25%)、瑞穂町(2.26%)の順に低かった。いずれも多摩地域の自治体だ。 「武漢肺炎」「シナ人」連呼しながら減税を主張 続きを読む 1 2 全文表示 [ad_2] Source link

新都知事に求めるのは「10万円、早く振り込みを…」 30人に聞いた「困りごと」

   小池百合子氏が圧勝で再選を決めた東京都知事選挙。J-CASTニュースが投開票当日の2020年7月5日、有権者に都知事へ訴えたいことについて尋ねたところ、特別定額給付金(1人10万円)に関する訴えが最も多かった。「いつに振り込まれるのか」「もっと給付額を増やして」。新型コロナウイルス禍で、家計が火の車に陥った都民の訴えは切実だ。 東京都知事選の投票に向かう有権者ら(2020年7月5日午後、世田谷区の投票所近くで) 東京23区の定額給付金の給付率 「家賃が払えない」 派遣切りに遭った女性、悲痛の訴え    旅行代理店で派遣社員として働いていた佐藤尚美さん(34)に、世田谷区内の投票所から出てきたところを取材すると、こう訴えた。 「いったい、いつになったら(定額給付金は)振り込まれるのでしょうか。本当に困ってます。このままだと今月の家賃が払えないんです」    旅行代理店では4年以上働いていたが、コロナ禍で4月末に雇用を打ち切られた。20万円以上あった月収はゼロに。次も旅行関係で働きたいが、就職のメドは立っていない。    世田谷区では5月末から定額給付金の受け付けが始まった。佐藤さんはすぐ郵送で申請したが、7月に入っても振り込まれない。貯金も残り少なく、このままだと、7月分の家賃や光熱費などが払えなくなるという。 「新しい都知事には、とにかく早く入金されるよう、(区に)働きかけてもらいたい。生活がかかってるんです」 「食事は毎日カップラーメンやパン」「給付金第2弾ほしい」 続きを読む 1 2 3 4 全文表示 [ad_2] Source link

小池都知事再選で韓国がパニック状態! 「コロナ感染増加で喜べない」と愛国心発揮! 効いてるな…

小池都知事再選で愛国日報が愛国心を発揮している。小池都知事の写真を白黒にしたあげくコロナで喜べない状況だとこき下ろしている。それだけ小池都知事だと都合が悪いんだろう。韓国はおそらく宇都宮氏か山本太郎氏を推していたに違いない。残念だったな!

小野泰輔氏「悔いはございません」桜井誠氏「大きな指針を示した」 立花孝志氏は…

   東京都知事選挙(2020年7月5日投開票)で現職・小池百合子氏の当選が確実になったことを受け、候補者たちが敗戦の弁を述べている。 候補者たちの敗戦の弁とは(イメージ) 「これだけの得票を全くの無名の私が取れた」と小野氏手ごたえ    元熊本県副知事の小野泰輔氏は自身の事務所で会見し、インターネット上でのライブ配信も行った。「このような結果になりましたけれども、私の中で悔いはございません」と語り、 「私の理想は民主主義をもっともっと前に進めていくこと。都民あるいは国民がですね、自分事として本当に政治と向き合って、どのような政治参加をしていけばよい社会を作れるか、よい東京が作れるのか、子供たちに心より良いものを残せるのか、そういうことを考えるきっかけを作りたかったんです。ですから、これだけの得票を全くの無名の私が取れた、ということ自体が私は自身自身でも驚いてます」 などとコメントしている。    日本第一党党首の桜井誠氏は、NHKが発表した出口調査で5番手につけた(前回2016年の都知事選は約11万票を獲得し5位)。ユーチューブでライブ配信を行い、 「確かに今回の選挙、敗れはしました。今後の小池百合子さんの活躍を期待したいと思います。しかしながら、今回のこの選挙、ひとつの大きな指針を示したと思います。バーチャル選挙、バーチャル街宣、バーチャル対談。こういったものを通じまして、皆さんもバーチャル、ネットの力を少しでも感じていただけたんじゃないかと。そして次の選挙です。次の選挙でそれを生かしていかなきゃいけないということです」    と「バーチャル選挙」の効果などについて語った。 立花氏「僕は未来を予想して動く政治家なんで…」 続きを読む 1 2 全文表示 [ad_2] Source link

都知事選:小池氏の勝利は予想通りだがコロナ対策評価は漫才

東京都知事選挙の結果は、予想通りであった。私は四年前の選挙が終わった段階から、小池再選間違いなしと言い続けてきたから当たり前のことが起きただけに過ぎない。自民党がもしかしたら引きずり下ろせるかもしれないなどという見通しの悪さで動いて無駄な四年間を送った。

山本太郎、涙のシーン求めるマスコミに… 泣き笑いで「敗戦の弁」

   東京都知事選は2020年7月5日に投開票され、現職・小池百合子氏の当選が確実となった。    有力候補の一人とされていた、れいわ新選組公認の山本太郎氏は東京・新宿区の開票センターで会見を行い、穏やかな表情で敗戦の弁を語った。 記者陣の取材に笑顔で答える山本太郎氏 「銭湯に描いてある山みたいに見えたが…」    山本氏は6月15日に立候補を表明。公約には総額15兆円の「コロナ損失」対策として「全都民への10万円給付」や「中小企業・個人事業主の事業収入のマイナス分保障」などを掲げていた。選挙期間中は立憲民主党に離党届を出した須藤元気氏とともに都内各地で演説し、連日多くの聴衆を集めた。    支持者からの期待が高まっていた中、NHKは20時に小池氏の「当確」を伝えた。また出口調査では、山本氏の順位は立憲民主党支援の宇都宮健児氏、日本維新の会推薦で前熊本県副知事の小野泰輔氏に次ぐ4番手に。特に、同じリベラル層から支持を集める宇都宮氏には差をつけられる結果となった。    山本氏は20時20分頃に記者陣が集まる会場に入場。席に着いた山本氏は開口一番「お疲れ様でした。ありがとうございます。いや〜、強かった百合子山。高かった〜、百合子山。という感想です」と述べた。「百合子山」の高さについて、選挙前と後の印象の違いを記者から問われると、「銭湯に描いてある山みたいに見えたが、実際はかなり険しい山ですね、百合子山」と笑顔で語った。 テレビで公開討論会行われず「何かしらの意思を感じる」 続きを読む 1 2 3 全文表示 [ad_2] Source link

宇都宮氏、淡々と受け止めた敗戦 「2位」確実で「最低限の責任は果たせた」「次につながる」

   2020年7月5日に投開票された東京都知事選で、投票が締め切られた20時過ぎに現職の小池百合子氏(67)の当選確実が伝えられると、元日弁連会長の宇都宮健児氏(73)が東京・四谷の選挙事務所に姿を見せ、淡々と敗戦の弁を述べた。    新型コロナウイルスの影響で、多くの人が集まる街頭演説を減らすなど、政策を訴える手段が限られた選挙戦だった。宇都宮氏は、訴えが浸透しなかった原因のひとつとして、地上波での候補者討論会が行われなかったことを挙げ、「ちょっと異常な事態だった」と指摘した。 落選が確実となり頭を下げる宇都宮健児氏。悲壮な表情を見せることなく、淡々と敗戦の弁を述べた テレビ討論ゼロに「もっと行われたら…」    宇都宮氏の選挙事務所では、「密」を避けるために陣営スタッフも最小限で開票開始時刻を迎え、陣営スタッフが報道陣に対して、できるだけ人数を減らすように求める部面もあった。    敗因について問われた宇都宮氏は、 「一番大きな問題は、私たちの主体的な力がまだまだ及ばなかった、まだまだ運動が足りなかったというのが一番だと思う」    などと述べた上で、テレビ討論の問題に言及した。今回の選挙戦では、告示前後に3回にわたって候補者討論会が行われたが、いずれもオンライン討論会で、地上波で生中継されたり、テレビ局が主催したりすることはなかった。    宇都宮氏は、こういった状況について 「今回の選挙では様々な争点があったが、その争点が有権者に届けるためには、もっとテレビ討論等があったら良かった。現職は4年やってきて、毎日テレビ・メディアに出てきて発信しているが、そういう問題について明らかにするというのは、街頭宣伝やネット配信では十分に届かないところがあった。積極的なテレビ討論がもっと行われたらよかった」    などと指摘。 「オファーすらなかったというのは、ちょっと異常な事態」 続きを読む 1 2 3 全文表示 [ad_2] Source link