日本政府、第2次慰安婦訴訟の敗訴を予想して姜昌一大使の招致を準備

By | April 22, 2021


3月10日、東京にある在日韓国大使館で記者団の質問に答えている姜昌一駐日大使。[写真 在日韓国大使館]
3月10日、東京にある在日韓国大使館で記者団の質問に答えている姜昌一駐日大使。[写真 在日韓国大使館]

日本政府は21日、ソウル中央地裁による慰安婦被害者訴訟の判決を控えて敗訴することを予想して姜昌一駐在韓国大使の招致を準備していたことが分かった。

22日、朝日新聞によると、この訴訟の被告人である日本政府は日本政府の賠償責任を認めた今年1月と同じ判決が言い渡されると予想していた。しかし、ソウル中央地裁は日本の主権免除を認めて原告側の請求を却下した。

朝日新聞は、外務省が今回も敗訴する可能性が高いとみたとし、秋葉剛男事務次官が判決直後に姜大使を呼んで抗議する段取りを備えていたと伝えた。

外務省は今年1月日本の賠償を命令する判決が言い渡された時、南官杓(ナム・グァンピョ)前韓国大使を呼んで抗議した。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *