詩人・尹東柱の国籍が中国? 徐ギョン徳教授「中国百度に抗議しても修正せず」

By | April 15, 2021


誠信(ソンシン)女子大学の徐ギョン徳(ソ・ギョンドク)教授が中国の百度(バイドゥ)の百科事典が詩人・尹東柱(ユン・ドンジュ)の国籍を「中国」、民族を「朝鮮族」と表記したことに抗議したが、まだ修正されていないと明らかにした。

徐教授は15日、フェイスブックを通じて「これまで一週間、百度の百科事典で大韓民国の独立活動家50人を調査した結果、尹奉吉(ユン・ボンギル)および李奉昌(イ・ボンチャン)の民族を『朝鮮族』と紹介していた」と明らかにした。

また、「柳寛順(ユ・グァンスン)、金九(キム・グ)、安昌浩(アン・チャンホ)、金佐鎮(キム・ジャジン)などは国籍を『韓国』と正しく表記したが、民族は表記しなかった」と伝えた。

徐教授は「今回の調査を通じて数多くの独立活動家の国籍および民族の表記が歪曲されていることを確認することができ、正しく修正するように百度側に修正を継続して求める計画」と明らかにした。

徐教授は昨年12月30日尹東柱の誕生日に合わせて百度に抗議し、今年2月16日尹東柱の逝去日にも再度修正を求めたことがある。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *