血栓症議論のアストラゼネカとヤンセン、共通点は「アデノウイルスベクター」

By | April 15, 2021


アストラゼネカ製ワクチン
アストラゼネカ製ワクチン

英アストラゼネカの新型コロナウイルスワクチンに続き、米ヤンセンのワクチンまで血栓症をめぐる議論に包まれた。米疾病管理予防センター(CDC)と食品医薬品局(FDA)は13日に発表した共同声明で、米国内のヤンセン製ワクチン接種者6人からまれだが深刻な形態の血栓症状が現れた事例を検討しているとしながらヤンセン製ワクチンの接種中断を勧告した。

これに先立ち同様の議論が起きたアストラゼネカ製ワクチンとヤンセン製ワクチンはまったく同じ方式で開発された。一般的な風邪を起こすアデノウイルスをベクター(媒介)として利用する。ヤンセンはヒトのアデノウイルスを、アストラゼネカはチンパンジーのアデノウイルスを使う。複製が不可能で病原性もないアデノウイルスに新型コロナウイルス表面にある蛋白質(抗原)の遺伝子を入れ、体内の細胞に伝達した後に免疫反応を誘導するものだ。

このため専門家らはウイルスベクター方式のワクチンと血栓症の関連性に注目している。アストラゼネカの議論の時だけでも特定メーカーのワクチンの問題である可能性にウエイトが置かれたが、同じ開発方式の別のワクチンで同様の事例が起きており、ウイルスベクターワクチンのプラットホーム(開発基盤技術)が誘発要因ではないかとの疑いが出ていることだ。嘉泉(カチョン)大学医学部予防医学教室のチョン・ジェフン教授は「ファイザーとモデルナ、アストラゼネカなどと比較した時の共通点と差異点はベクタープラットホーム。根拠はないが、アデノウイルスが非常に珍しい血栓を起こす要因ではないかと考える」と話した。

高麗(コリョ)大学九老(クロ)病院感染内科のキム・ウジュ教授も「アストラゼネカをめぐる議論の際にアデノウイルスベクターが問題になるかもしれないと考えたが、ヤンセンでも類似の事例が出ておりそうした可能性について疑うほかない」と話した。最近ドイツとノルウェーの研究チームが、国際学術誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン(NEJM)に掲載された研究結果を根拠に、アデノウイルスに対する抗体が問題を引き起こし血栓が形成される端緒を提供する恐れがあると主張したことに力を与える。

大韓感染学会会長でカトリック大学感染内科教授のユ・ジンホン氏は「NEJMに掲載されたものを見ると、ヒト疾患を起こすアデノウイルス5型の場合、血小板減少症を誘発しかねない」と指摘する。梨大木洞病院呼吸器内科のチョン・ウンミ教授は「アデノウイルスが体内に入り血小板凝集を誘導する抗体が同時多発的にあちこちにできるということが研究の結果。データがなくよくわからないだけで、ロシアのワクチン(スプートニク)でも同様のことが起こる恐れがある」と話した。

ただ依然としてプラットホームが血栓の誘発要因と断定することはできない状況だ。高麗(コリョ)大学安山(アンサン)病院感染内科のチェ・ウォンソク教授は「本来ワクチンに対しひとつの形の抗体だけ作られるのではない。アデノウイルスベクターの問題なのか、各ワクチンで発現するスパイク蛋白質の問題なのか、まだよくわからない」と話した。

米CDCなどによると12日までに接種されたヤンセン製ワクチン680万回分のうち血栓関連事例は6件、死亡者は1人だ。100万分の1以下の確率ということだ。アストラゼネカ製との大きな違いはない。大韓ワクチン学会のマ・サンヒョク副会長は「危険度はそれほど高くない。ワクチンに余裕があるならともかく、ないならば利益とリスクを悩むべき問題」と話した。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *