韓国国務調整室長「米国とIAEAが日本の汚染水放出支持? 傍点は『検証』」

By | April 14, 2021


具潤哲(ク・ユンチョル)国務調整室長
具潤哲(ク・ユンチョル)国務調整室長

具潤哲(ク・ユンチョル)国務調整室長は14日、米国が日本の福島原子力発電所の汚染水放出決定を支持したという報道に対し、間違って解釈したと話した。

具室長はこの日YTNラジオのインタビューで「原文を確認した。日本が国際基準に従ってそのようにすると言ったのでその部分に対し日本政府と国際原子力機関(IAEA)がともにモニタリングするという意味と理解する。日本政府は海洋放出を国際基準に基づいて行うと米国政府とIAEAに話したかも知れないが、世界的なガイドラインに基づいて被害が発生しないようにするのか点検するという意味」と付け加えた。

具室長は「モニタリングとは点検できないならやれないようにすべきという意味まで込められていないか。メディアは米国とIAEAが賛成するというが、傍点は日本が国際原子力安全基準に基づいて放出するとしているが本当にそうなっているのかモニタリングし、まともに行われるのか見るということ。たびたび支持したというのでわれわれは本当に残念だ」と話した。

これに先立ち米国務省のプライス報道官は声明を通じ、「米国は日本政府が福島第1原発に現在保管中である処理水の管理と関連しいくつかの選択肢を検討したものと承知している。日本はこの特殊で困難な状況で選択肢と効果を検討し、決定に対し透明な手続きを踏んだ」と話した。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *