イスラエル「ワクチン実験室を自任…米国よりも高値を提示した」(1)

By | March 8, 2021


Akiva Tor駐韓イスラエル大使が今月3日、中央日報の[シークレット大使館]シリーズのインタビューに応じ、ワクチン接種の模範国になった秘訣を明らかにしている。イム・ヒョンドン記者
Akiva Tor駐韓イスラエル大使が今月3日、中央日報の[シークレット大使館]シリーズのインタビューに応じ、ワクチン接種の模範国になった秘訣を明らかにしている。イム・ヒョンドン記者

「イスラエルはワクチン実験室になることを自任した。われわれが獲得した情報を韓国など世界と分け合ってパンデミック終息に貢献したい。韓国は防疫で、イスラエルはワクチン接種で世界のロールモデルであるだけに互いに学び合っていくことを希望する」

駐韓イスラエル大使のAkiva Tor氏が今月3日、中央日報との単独インタビューで強調した言葉だ。ソウル龍山区梨泰院(ヨンサング・イテウォン)の大使官邸でインタビューに応じたTor大使は、イスラエルのワクチン接種速度戦の秘訣を尋ねるとこのように答えた。イスラエルは現在、全世界でワクチン接種率が最も高い。Tor氏は「(3日現在)イスラエル人口930万人の半分ほどの440万人がワクチン接種2回をすべて完了した」とし「接種は継続して支障なく着々と実施されるだろう」と話した。イスラエルのワクチン接種をめぐって、国家名イニシャルを冠した「Iワクチン」という言葉も広く知られている。イスラエルはオーストリア・デンマークと4日、「ワクチン同盟」を構築することで合意した。

秘訣は何か。Tor氏は政治リーダーシップと果敢な費用投資、デジタル化された保健医療システムとイスラエル特有の軍システムを挙げた。政治指導者がワクチン確保のために積極的に動いたという点が1つ目の理由だ。ベンヤミン・ネタニヤフ首相は昨年12月、イスラエル国民ワクチン接種第1号として率先垂範した。Tor氏は「政治リーダーシップが攻撃的(aggressive)戦略を取った」とし「ワクチン製薬会社と積極的に交渉し、提示された価格よりも高い費用を支払う用意があることを明らかにした」と話した。

イスラエルはファイザー側に2回接種分あたり59ドル(約6400円)を支払ったとタイムズ・オブ・イスラエルが昨年11月、報じた。米国政府が支払った39ドルよりもさらに約20ドル高く支払った。イスラエル政府がワクチン購入価格を公式に明らかにしたことはないが、ワクチン接種においてイスラエル政府の優先順位は予算節減ではなく迅速なワクチンの確保だった。

「電光石火の接種」秘訣は果敢な契約だけにあるのではなかった。ワクチンに大きな費用を払っても確保競争をする国家は多くあった。イスラエル政府はここでもう一歩踏み出して差別化戦略に出た。Tor氏の言葉を借りれば、イスラエルは「新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)ワクチンの実験室」になることを自任した。ファイザー・モデルナ側に「ワクチン接種関連のデータを共有する」と明らかにしたという。

新型コロナワクチンに対する不安が厳存する状況で、これは製薬会社にとって心引かれる提案であり、ファイザー・モデルナは結局イスラエルに応じた。ただし、高齢層接種安全性が問題になっているアストラゼネカワクチンはイスラエルではまだ承認が出なかった状態だとTor氏は明らかにした。

Tor氏によると、イスラエルの医療保険体系はすべての過程と手続きが電算化されていて敏感な個人情報を除き接種関連のデータベースをスピード感を持って構築することが可能だ。ここにイスラエルの軍体系がワクチンの運送および保存と流通に一役買った。Tor氏は「イスラエルは相対的に小さな国で、われわれ特有の徴兵および予備軍システムによって輸送で効率性を図ることができたと考える」と話した。

イスラエル「ワクチン実験室を自任…米国よりも高値を提示した」(2)



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *