WHO、武漢中間報告書の発表を突然中止…「人々の好奇心を満たせない」

By | March 5, 2021


新型コロナウイルス感染症の起源に関する世界保健機関(WHO)調査チームの中間報告書の発表が中止になったと、ウォールストリートジャーナル(WSJ)が4日(現地時間)報じた。

WSJによると、WHO調査チームを率いる動物疾病専門家ピーター・ベン・エンバレク氏は中間報告書を発表しないと明らかにした。その代わり数週後に最終報告書を出すという。エンバレク氏は「この報告書に対する関心があまり大きく、要約本では人々の好奇心を満たすことができないだろう」と述べた。

これに先立ちWHOのテドロス事務局長は先月12日、「来週、武漢調査チームが任務を要約した中間報告書を発表する」と伝えたが、その後、発表が延期された。

WHOの決定は、24人の国際科学者グループが声明を通じて中国武漢現地調査の信頼性に疑問を提起した中で出てきた。WSJは、中間報告書の発表が突然中止になったのはWHOの調査をめぐる政治的・科学的論争と無関係でないと分析した。

WHOの武漢現場調査以降、米国は中国が提供した資料が十分でないとし、すべてのデータの原本を公開すべきだと要求してきた。

科学者グループもこの日の声明で「WHO調査チームが全面的な調査をするのは不可能だった」とし、新たな国際調査を要請した。フランス、米国、インド、オーストラリアなど複数の国の専門家らが書簡に署名した。

専門家らは「武漢で初めて発病が確認された2019年末、中国のコロナ感染者に関する病院記録への接近と機密インタビューが必要だ」とし「武漢ウイルス研究所(WIV)流出説を含め、起源調査を原点からやり直すべきだ」と要求した。これに先立ちWHO調査チームは、武漢現地でのブリーフィングで、ウイルスが研究所から流出した可能性は極めて低いと明らかにした。

科学者らの声明に対し、中国外務省は「科学的な信憑性なく有罪を断定している」と反論した。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *