日本、「東京五輪、韓国選手団安全参加防疫対策樹立」

By | March 5, 2021


日本復興庁トップの平沢勝栄復興相[写真 復興庁]
日本復興庁トップの平沢勝栄復興相[写真 復興庁]

日本政府は今年新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)拡大の中でも韓国選手団が東京オリンピック(五輪)に安全に参加することができるように防疫対策を立てていると4日、明らかにした。

東日本大震災復旧専門担当機構である日本復興庁のトップである平沢勝栄復興相はこの日、在韓日本大使館が韓国メディア対象のオンライン説明会で「新型コロナ感染症がまだ終息する兆しを見せていない中で、東京五輪の開催を不安に思う声があることを知っている」と話した。

続いて「防疫対策に万全を期して、韓国選手団の皆さんも日本に来て参加することができるように徹底した準備をしていく覚悟」とし「日本政府は国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と共に安全かつ安心できる大会を実現し、今後も緊密に協調するということで認識が一致している」と説明した。

平沢氏は五輪を契機に、より多くの人々が福島を訪問して地域農産物を消費し、被害地域の住民に力を与えることを希望すると明らかにした。

平沢氏は「福島県は農林水産物に対して出荷前に徹底したモニタリング検査を実施し、結果を公表し、万が一放射性物質が基準値を超えている場合、市場に絶対に流通しない措置を取っている」とし「最近、放射性基準値を超えた食品はほぼ存在しない」と主張した。

続いて「だが安全性に問題がないにもかかわらず、福島産という理由だけで、心理的不安で消費者が避ける場合もある」とし「隣国であり友好国の韓国もまた残念なことにそのようにしていて非常に残念だと考える」と話した。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *