「お金は全部負担するので一緒に月旅行に行こう」 8人公開募集した日本の億万長者

By | March 4, 2021


日本のある億万長者が世界の人々を対象に月旅行に一緒に行くクルーを募集した。

3日、共同通信によると、オンラインショッピングモール「ZOZO」創業者の前澤友作氏はこの日、イーロン・マスク氏が率いる宇宙探査企業スペースXが開発中の次世代宇宙船「スターシップ」に乗って2023年に予定されている月旅行(dearMoon PROJECT)に参加する8人を世界中から募集すると明らかにした。

この日、前澤氏は一緒に行くことになる8人の月旅行経費はすべて前澤氏が負担するとも発表した。前澤氏は2019年、ソフトバンクにZOZOタウンの株式の大多数を売却して辞任した後、旅行資金を集めたことが分かった。

前澤氏はYouTube(ユーチューブ)に掲載された動画公募メッセージ(日本語・英語)を通じて、自分自身が「アーティスト」と考える人を選ぶとしながら、自分がやっていることが宇宙旅行を通じて大きく成長して人や社会の役立つ可能性があること、お互いにそのように思っている同乗者のことも「サポート」できる人であることという2つの資格条件を提示した。

前澤氏は「月に行くのに3日間、月の裏面を通って戻ってくるのに3日間かかる」とし「チケットはすべて買ってあるので貸し切りの船になる。みんなで楽しい旅にしたい」と説明した。

dearMoonのウェブサイトによると、応募期限は14日までで、応募したい人は名前、国籍、電子メールアドレス、プロフィール写真を提出すればよい。書類選考で合格した人々は21日から課題選考を経て、5月下旬まで最終面接およびメディカルチェックを受けることになる。

これに先立ち、前澤氏はスペースXが推進する2023年の月旅行プロジェクトに参加する世界初めての民間人に2018年選ばれた。

マスク氏は今回の動画で2023年まで数回かけて月旅行軌道の試験飛行を予定しているとし、有人宇宙船の安全性を確保することができると話した。

一方、昨年9月基準として前澤氏の財産は35億ドル(約3750億円)程度になるという。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *