ワシントンポスト「韓日関係の回復、米同盟回復の試験台」

By | March 4, 2021


韓日関係の回復がジョー・バイデン米国行政府の主な外交政策課題になっていると米ワシントンポスト(WP)が診断した。

WPは3日、「バイデン氏が同盟回復を追求する中で、冷え込んだ韓日関係が試験台になっている」という見出しの分析記事で「韓日関係がもう一度数十年ぶりに最低点をむかえた」とし、韓日関係が回復するかどうかが今後米国の信頼回復と中国の台頭に対処する過程で試金石になるだろうと評価した。

米国は実際、バイデン行政府発足以降、韓日米三角同盟の回復への努力を公開的に展開して両国に信号を発している。米国務省のある高官は先月開かれた韓日米外交当局者会議について「バイデン行政府が両国との関係を回復すことに全力をつくしているというという強い信号を発するためのもの」と話したとWPは伝えた。

慶応大学の添谷芳秀客員教授はこれを受け、「米国は日米両国に『両国のためだけでなく、米国の地域(東アジア)への再介入のためにも対話・協力しなければならない』と主張している」とし、「バイデン行政府発足以降、日本と韓国の責任ははるかに大きくなった」と話した。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *