ウッズ、自動車事故の原因は居眠り運転? 「ジェネシス」ブラックボックス開かれる

By | March 4, 2021


タイガー・ウッズとジェネシスGV80
タイガー・ウッズとジェネシスGV80

米国の警察が「ゴルフ皇帝」タイガー・ウッズの自動車横転事故の原因究明のため、ウッズが運転していた現代自動車のSUVブラックボックスを確保した。

AP通信は3日(現地時間)、米ロサンゼルス(LA)カウンティー保安官室が事故が発生したジェネシスSUV「GV80」のブラックボックス資料を確保し、分析している、と伝えた。

ウッズは先月23日、LAカウンティの下り坂の曲線区間で自動車横転事故を起こした。ウッズは救急室に運ばれたが、脚に大けがを負い、選手生命が危ぶまれている状況だ。

当時、ウッズは現代車の後援で開催された米プロゴルフ(PGA)ジェネシス・インビテーショナル大会の主催者としてLAを訪問し、LA滞在中は現代車からGV80を借りて利用していた。警察は事故当時の飲酒運転やスピード違反などはなかったとみている。

最近、USAトゥデイやFOXニュースなど一部の海外メディアは車両フォレンジック専門家の話を引用し、ウッズが事故当時に居眠り運転をした可能性があると報じた。

米国で自動車のブラックボックス設置は義務でない。しかし昨年1月に発売されたGV80は安全仕様が適用されたモデルであるため、ブラックボックスに詳しい情報があると期待される。

AP通信は「現代車ラグジュアリーブランドのGV80は新しいバージョンのブラックボックスを搭載しているはず」とし「このブラックボックスには当局が調べる貴重な資料がある」と伝えた。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *