前日産会長「楽器箱脱出劇」をほう助した米国人親子、日本に引き渡し

By | March 2, 2021


カルロス・ゴーン前日産自動車会長。[中央フォト]
カルロス・ゴーン前日産自動車会長。[中央フォト]

前日産自動車会長のカルロス・ゴーン被告が2019年に日本からレバノンに脱出する過程に関与した容疑がもたれている米陸軍特殊部隊出身の米国人とその息子が日本に引き渡された。

1日(現地時間)、英国日刊紙ガーディアンなどによると、米国に拘禁中だったマイケル・テイラー容疑者と息子ピーター・テイラー容疑者は日本当局に身柄が引き渡された。

ゴーン被告は2018年11月、報酬を縮小・申告して金融商品取引法を違反した容疑などで日本検察に逮捕された。ゴーン氏は保釈状態だった2019年12月、プライベートジェットを利用して大阪からトルコ・イスタンブールを経てレバノン・ベイルートに逃走した。

テーラー親子はこの過程でゴーン被告を大型楽器箱に隠して脱出劇をほう助した容疑がもたれている。彼らはゴーン被告の逃走を助けた対価として130万ドル(約1億3900万余円)を受け取ったことが分かった。

テーラー親子は昨年5月、マサチューセッツ州で米国連邦検察によって逮捕された。彼らはその間、「日本で容赦ない尋問および拷問を受ける可能性がある」として引渡を拒否する法的争いを続けてきたが、米国連邦大法院はこの主張を受け入れなかった。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *