日本政府「中国の肛門PCRから日本人を免除してほしい」要請

By | March 2, 2021


藤勝信官房長官
藤勝信官房長官

中国で実施されている新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の肛門検体採取PCR検査をめぐり、日本政府が自国民に対して免除してほしいと求めた。

1日共同通信によると、藤勝信官房長官はこの日、定例記者会見で「中国当局が一部の入国者を対象に実施する肛門から検体採取をするPCR検査から日本人は免除することを中国外交部などに要請した」と明らかにした。

加藤長官は「一部の日本人が中国に到着した後、肛門検査を受けたという情報とともに心理的苦痛が大きいという苦情が駐中日本大使館に入っている」と今回の要請の背景を説明した。

これに先立って、日本政府は中国外交部と北京市当局に要請したが、検査方法を変更するという回答がまだ届いていない。加藤長官は「日本人が肛門検査を受けないように中国側に要請する」と伝えた。

中国現地で肛門検体は北京や山東省、青島など一部の地域で入国客や感染者と密接接触した人など感染高危険群を対象に行われている。

検査をするために対象者はズボンをおろさなければならない。

ネット上では肛門検査を受けた在中韓国人が不満を提起する文章が掲載されたこともある。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *