米国務長官、天皇誕生日に祝賀声明…「バイデン大統領と訪日を楽しみにしている」

By | February 23, 2021


アントニー・ブリンケン米国務長官
アントニー・ブリンケン米国務長官

米国のトニー・ブリンケン国務長官が22日(現地時間)、徳仁天皇の誕生日を祝う声明を出して、ジョー・バイデン大統領とともに訪日を楽しみにしていると明らかにした。

ブリンケン氏はこの日の声明で、徳仁天皇の61回目の誕生日を祝いながら「米国政府と国民に代わり、真心を込めた祝賀をお送りすることになり光栄」と明らかにした。

ブリンケン氏は「副大統領と国務省副長官だった時の訪日を懐かしく思い出しながら、(バイデン)大統領と私は、われわれの大切なパートナーシップが深化・拡大する中で、日本を再び訪問することをとても楽しみにしている」とした。

ブリンケン長官はまた、バイデン大統領と菅義偉首相の先月の電話会談を取り上げて「日米同盟は自由で開放的なインド太平洋の平和と繁栄に礎」と話した。

また「われわれは日本の国際的リーダーシップに拍手を送り、今後も両国間の絆を強くしていけることを楽しみにしている」と付け加えた。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *