姜新任駐日大使「首相の面会拒否はメディアの悪ふざけ…日本の韓国対応、理性的でなくては」

By | January 20, 2021


姜昌一(カン・チャンイル)新任駐日韓国大使
姜昌一(カン・チャンイル)新任駐日韓国大使

菅首相と茂木外相が姜昌一(カン・チャンイル)新任駐日韓国大使の面会を見合わせるという産経新聞の報道に対し、姜大使は「メディアの悪ふざけ」と話した。

姜新任駐日大使は20日、韓国CBSラジオの番組に出演し、「いま良いメッセージを持って行くのに会わない理由はない。日本はそんなにけちな国ではない、メディアが悪ふざけしているのだ」と話した。

姜大使は強制徴用賠償判決問題について、「多くの専門家、日本の専門家、韓国の専門家らにより、これが決して望ましくなく、こうした次元からさまざまなアイデアが出ている。12種類以上のアイデアがあり、それらを政府がしっかりと調べて準備している」と話した。

姜大使は慰安婦賠償判決に対し「日本は司法自制の原則があり外交的事案に対しては政府の意見を聞くようになっているが、韓国は完全な三権分離体制になっているためそうすることはできない。そのため政府の立場ではちょっと困惑している。しかしそのまま尊重して解決していこうとするので本当に難しい」と話した。

続けて「韓日関係悪化は日本にとっても決して望ましくない。バイデン政権が発足し韓米日3国共助体系など懸案が多い。日本もいまは感情的に韓国問題に対応するのではなく、少し落ち着いて理性的に対応したら良いだろう」と話した。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *