離任する米国大使「誰かが韓国を苦しめるならわれわれは一つのチーム、心配するな」

By | January 19, 2021


ハリー・ハリス駐韓米国大使
ハリー・ハリス駐韓米国大使

今月20日に離任するハリー・ハリス駐韓米国大使が19日、「もし誰かが皆さん(韓国)を苦しめるなら、われわれは『一つのチーム』になるだろう」とし「われわれが見守っているから心配しなくてもいい」と話した。米中戦略競争の中で中国の経済報復を恐れる韓国政府にメッセージを投げたのだ。

ハリス大使はこの日、第8回韓米同盟フォーラムの講演で「韓国政府が米国と中国の間で選択を強要されるということか」という質問をよく受けるとして、このように明らかにした。ハリス大使は「韓国政府が安保同盟(米国)と貿易パートナー(中国)の間で選択を強要されているというのは誤ったナラティブ」とし「米国は1950年選択し、新生国の韓国は1953年(韓米相互防衛条約締結などで)すでに選択を終わらせた」と話した。

あわせて「全世界どの経済、安保イシューであっても、韓国と日本の積極的な参加がなければ解決は不可能」として、韓日米の三角共助を強調した。

ハリス大使は北朝鮮との関係に対して「われわれは北朝鮮との外交が成功的であることを希望するが、希望だけがわれわれの行動方針になることはできない」とし「北朝鮮はもうこれ以上韓国の敵ではないかもしれないが、金正恩(キム・ジョンウン)が8次党大会である脅威と不義の状況に備えて北朝鮮の核戦争・抑制力と軍事力を強化すると話した点を頭の中に刻んでおくべきだ」とした。

続いて「残念なことに、まだ北朝鮮は米国大統領と3回の会談、韓国大統領と3回の会談で提示した機会を受け入れていない」とし「金正恩国務委員長兼総秘書が潜在的機会を認識するよう願う」と話した。

政府の核心課題である戦時作戦権転換に対しても「速度はわれわれが思っているよりはゆっくりと進行している。そのため条件に基づいた計画が必要だと考える」とし「重要な安保は急ぐことはできない。われわれは転換を正しくするための十分な時間を設けることを望んでいて、そのような必要がある」と話した。

ハリス大使はジョー・バイデン大統領が20日に就任すると紹介しながら「私はバイデン大統領と彼のチームがすでに鉄桶のような米韓同盟強化のために韓国の指導者と今後も努力していくと信じている」と話した。

また「米国大使として勤務するのに韓国ほど良いところはなく、米国に韓国ほど良いパートナーや戦略同盟はない」と付け加えた。2018年7月に着任したハリス大使は20日に任期を終えて米国に向けて発つ。

一方、徐旭(ソ・ウク)国防長官はこの日、祝辞を通じて「ハリス大使は『堅固な韓米同盟の象徴』であり『大韓民国の家族』」としながら「素朴な居酒屋でマッコリをたしなみ、キムチを作って『韓国への愛』を表現した大使の姿は長く記憶されるだろう」と話した。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *