NYTにキムチの広告…中国「キムチ工程」に反撃

By | January 19, 2021


ニューヨーク・タイムズに掲載されたキムチの広告。[写真 徐敬徳教授]
ニューヨーク・タイムズに掲載されたキムチの広告。[写真 徐敬徳教授]

韓国誠信(ソンシン)女子大学の徐敬徳(ソ・ギョンドク)教授が「キムチ工程」に対応するために、ニューヨーク・タイムズに広告を掲載した。

徐教授は「18日のニューヨーク・タイムズ米州版Aセクション5面とインターナショナル・ニューヨーク・タイムズ(欧州・アジア版)5面にキムチの広告を掲載した」と19日、明らかにした。「韓国のキムチ、世界の人のためのもの」というタイトルがつけられた広告は「キムジャン(キムチの漬け込み)文化は2013年国連教育科学文化機関(ユネスコ)人類無形文化遺産に登録された。歴史的に数千年間、韓国の代表食文化として継承してきた」という説明が入っている。また「現在は世界の人々が愛する醗酵食品に位置づき、韓国のキムチは世界の人のものになった」という内容も含まれている。

今回の広告は、最近中国がキムチを自分たちの食品だと主張してわい曲する「キムチ工程」に対抗するために企画された。ある団体の後援とキムチ専門家、広告専門家、デザイナーとのコラボレーションで進められた。徐教授は「正確なキムチの情報を簡潔に世界の人に教えたかった」とし「ニューヨーク・タイムズの広告ファイルをインスタグラムやフェイスブックなどSNSでも広報している」と話した。

徐教授は「現在、キムチに関する文化や歴史に対する韓国語・英語・中国語など多国語シリーズの映像を準備中で、YouTubeなど世界的な動画サイトを通じて引き続き広報していく計画だ」と話した。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *