「キムチは韓国の食べ物」と語った韓国ユーチューバー…中国側所属事務所「侮辱」退出させた

By | January 19, 2021


ユーチューバーのHamzy(本名ハム・ジヒョン)さん(31)(写真 ユーチューブ)
ユーチューバーのHamzy(本名ハム・ジヒョン)さん(31)(写真 ユーチューブ)

チャンネル登録者数530万人の韓国「モッパン(飲食の様子を撮影したもの)」ユーチューバーのHamzy(本名ハム・ジヒョン)さん(31)が「キムチとサム(包んで食べる料理)は韓国料理」という発言をして、中国の所属事務所から契約解除を通報されたと18日、明らかにした。

Hamzyさんは15日、自身のYouTubeチャネルにチュックミ(イイダコ)ビビンバ、白キムチなどのモッパン映像を投稿した。だが、この映像を視聴した韓国と中国ネットユーザーの間に突然コメント戦争が起きた。過去「中国人がサム文化が自分たちのものだと主張する映像を見て腹が立ったが、サムの映像を投稿してくれてうれしい」というコメントに、Hamzyさんが共感を表示する「高評価」をつけたことがその発端だった。

特に、該当コメントの一部の表現が悪口として翻訳されて波紋が広がった。中国SNSの微博(ウェイボー)など、ネットユーザーの間ではHamzyさんの共感表示が「中国人侮辱論争」に飛び火した。その後、中国ネットユーザーはHamzyさんのキムチモッパン映像などに悪質コメントの洗礼を浴びせた。Hamzyさんの中国所属会社が前に出て謝罪したが、悪質コメントは収まらなかった。

Hamzyさんはコメントを通じて「中国人みんなを侮辱していると伝えられて、所属事務所が謝罪したようだ」とし「私はキムチやサムが当然自分の国(韓国)の食べ物だと考えていて、それが論争になること自体があり得ないと考える」と明らかにし、中国側所属事務所は17日、Hamzyさんに契約解除を通知した。

中国側所属事務所は声明を通じて「中国大衆に深刻な悪影響を及ぼした『Hamzy』の侮辱として考えた会社は、今日(17日)限りですべての協力関係を公式的に終了することを決めた」とし「Hamzyが会社に知らせずに、中国ファンに害を与えるコメントに任意に答えたところを発見した。これは中国ファンの感情と当社の信頼に大きな傷を負わせた」と主張した。

Hamzyさんは18日、自身のYouTubeコミュニティを通じて「(コメントに『高評価』をつけて)誤解から始まった中国人を侮辱したコメントに同調したのならお詫び申し上げなければならないのは正しいと考える。だからお詫び申し上げた」とし「ところがコメントをまた誰かがキャプチャーして(SNSに)掲載して、前では謝り後ろでは違うことを言う人になってしまった」と明らかにした。続いて「今回のことで、中国プラットフォームの仕事を手伝ってくださっていた会社との契約を解除することになった」とした。

Hamzyさんはまた、「中国で活動するためにキムチを中国の食べ物だと言わなくてはならないのなら中国での活動はしない」とし「中国人も韓国で活動するために中国の食べ物を韓国料理だと言う必要はない。この部分は中国人も理解するだろうと考える」と付け加えた。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *