モデルナのCEO「新型肺炎の完全終息ない…永遠にともに生きるだろう」

By | January 14, 2021


ワクチンメーカー「モデルナ」の最高責任経営者(CEO)が新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)が完全になくならないだろうという見通しを示した。

モデルナのCEOステファン・ バンセル氏は13日(現地時間)、JPモルガンの保健医療カンファレンスにパネルとして参加して「SARS-CoV-2(新型コロナウイルス)は消えないだろう」と話した。

CNBCによると、 バンセル氏は「われわれはこのウイルスと永遠にともに生きることになるだろう」と主張した。

これは新型肺炎が風土病になる可能性が大きいという公衆保健および感染病専門家の予想と一致する主張だ。

バンセル氏のこのような主張は英国、南アフリカ共和国に続いて米国オハイオ州で新型肺炎の変異種ウイルスが報告された日に出てきた。

オハイオ州立大学研究チームによると、この地域で新たな変異種ウイルス2種が発見され、この中でいわゆる「コロンブス変異種」はすでに最近3週間オハイオ州コロンブスで急速に広がっている。

ワクチン開発会社ファイザーは「保健当局が新しい変異種ウイルスを引き続き観察してこそ、これに対応するワクチンを作ることができる」と訴えている。

ただし、専門家は様々な変異種ウイルスが発生しているにもかかわらず、ワクチンに有効性があるだろうと予想している。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *