ファイザーワクチン接種16日後に死亡した米国の医師…「基礎疾患なかった」

By | January 14, 2021


ワクチン
ワクチン

ファイザーの新型コロナウイルスワクチンを接種した米国の50代の医師が死亡した。接種から16日後だ。ファイザーは声明を通じ、「現在までワクチン接種と死亡の直接的な関連性はないものとみている」と明らかにした。

ニューヨーク・タイムズなどによると、フロリダ州マイアミの産婦人科医グレゴリー・マイケルさん(56)が3日に死亡した。彼は昨年12月18日にファイザーのワクチンを接種した。死因は脳出血だった。

同紙によるとワクチン接種3日後にマイケルさんの手足に小さい斑点が生じた。内出血にともなう症状だった。彼はすぐに救急室に搬送され、新型コロナワクチンの反応による急性免疫血小板減少症(ITP)の診断を受けた。妻によると接種後に行った血液検査でマイケルさんの血小板数値は0となり、彼はすぐ集中治療室に移された。正常な数値である1マイクロリットル当たり15万~45万に顕著に不足した数値だ。

このように血小板数値が非正常に低ければ血液が凝固しない。このため患者の歯ぐきや口腔内粘膜から出血が現れる。激しい場合は網膜や頭蓋腔内出血が発生したりもする。

フェイスブックを通じて夫の死を知らせた妻は「夫の血小板数を増やすため2週間全国の専門家らが努力したが効果はなかった。最後の手段である脾臓除去手術2日前に血小板不足による出血性脳卒中を起こし息を引き取った」と伝えた。

続けて「夫には基礎疾患がなく健康で活動的だった」と同紙に話した。別の薬品やワクチンに反応を見せたことはなく、新型コロナが流行し始めた当初からN95マスクを使って家族と患者を保護したと付け加えた。

ファイザーはこれに対し「今回の事件を積極的に調査しているが、現在までワクチン接種と死亡の間に直接的な関連性はないものとみられる」と明らかにした。また「臨床試験と実際のワクチン接種過程でも今回の事例と関連した安定性問題はなかった」とした。

フロリダ保健庁と米疾病予防管理センター(CDC)はマイケルさんの死亡について調査している。CDCは「事例を調査した後に結果と必要な措置をアップデートする計画」と明らかにした。

一方、ニューヨーク・タイムズによると現在まで米国で1回でもファイザーやモデルナのワクチンを接種した人は900万人に達する。このうち報告された深刻な副反応はアレルギー反応による急性全身免疫反応であるアナフィラキシー反応事例29件がある。ただ死亡に至ったケースはない。このほかは一時的な痛みと疲労感、頭痛、発熱が多い副反応だ。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *