米国、韓国に対する旅行警報「旅行再考」→「強化された注意」に1段階引き下げ

By | November 25, 2020


米国国務省が新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)に関連して韓国に対して下していた旅行警報をレベル3の「旅行再考」から「強化された注意」(レベル2)に1段階引き下げた。

24日(現地時間)、国務省のホームページには韓国に対する旅行警報が23日付でレベル2の「強化された注意」に1段階引き下げられたものが掲載された。

国務省は自国民に対する旅行警報を4つのレベルに分けている。▼レベル1「一般的な事前注意」▼レベル2「強化された注意」▼レベル3「旅行再考」▼レベル4「旅行禁止」--だ。

国務省は、韓国が航空など多くの交通手段の運行と学校およびケア施設などの運営を再開したとし、また他の進展事項も韓国で報告されたことがあると説明した。国務省は8月に韓国全域の旅行警報をレベル3に調整した。

疾病対策センター(CDC)も韓国に対する旅行警報をレベル2で発令した。CDCは国別新型コロナ危険水準をレベル1「低い」からレベル2「中間」、レベル3「高い」、レベル4「非常に高い」に分けている。

一方、国務省は中国と日本に対してはレベル3「旅行再考」を、北朝鮮に対してはレベル4の「旅行禁止」をそれぞれ維持している。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *