アストラゼネカのワクチンも治験第III相に成功…韓国SKと委託生産契約

By | November 24, 2020


新型コロナウイルス(新型肺炎)ワクチン開発企業のSKバイオサイエンスの研究員。[写真 青瓦台写真記者団]
新型コロナウイルス(新型肺炎)ワクチン開発企業のSKバイオサイエンスの研究員。[写真 青瓦台写真記者団]

多国籍製薬会社アストラゼネカと英国オックスフォード大学が共同開発中の新型コロナウイルス(新型肺炎)ワクチンが治験第III相の中間結果で投薬方式により最大90%の免疫効果を示したとBBCなどが23日(現地時間)、報じた。平均免疫効果は70%だ。

BBCの報道とオックスフォード大学の発表によると、約2万4000人を対象に実施した治験第III相で、131人の新型コロナ感染者が出てきたがこのうちワクチンの2度の投与を受けても新型コロナで陽性になった被実験者は30人であることが分かった。残りの101人の感染者は偽薬を投与された被実験者だった。また、このワクチンは2回の接種が必要だが、2回の接種ともに高容量を投与する方式には62%の免疫効果を示したが、半分の容量を投与した後に高容量を投与した方式では90%まで免疫効果が上がった。平均70%効果はこの2つの方式を総合した数値だ。

アストラゼネカワクチンの最大の強みは価格と実用性だ。ファイザーワクチンとモデルナワクチンはそれぞれ零下75度と零下20度で保管しなければならないが、アストラゼネカワクチンは一般の冷蔵庫温度である2~8度でも保存と流通が可能なためだ。また、アストラゼネカワクチンは1回の投薬分基準として4ドル(約418円)の策定を目指しており、最大37ドル(約3866円)のモデルナワクチンの約10分の1の価格となっている。

特に韓国ではアストラゼネカワクチンが普及する可能性が高い。SKケミカルの子会社SKバイオサイエンスが委託生産契約を結んでいて、物量をより有利に確保することができるだろうとの展望だ。これに先立ち保健福祉部とSKバイオサイエンスは今年7月にアストラゼネカと新型コロナワクチンの国内およびグローバル供給のための3者協力意向書を締結した。オックスフォード大とアストラゼネカは今回の中間結果に基づき、英国や他の欧州各国、ブラジルなどに緊急使用承認を申請する計画だ。最終第III相の結果はクリスマスである来月25日前に出る予定だ。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *