文大統領、新駐日大使に姜昌一韓日議員連盟名誉会長を内定

By | November 23, 2020


姜昌一韓日議員連盟名誉会長
姜昌一韓日議員連盟名誉会長

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が23日、新任駐日大使に姜昌一(カン・チャンイル)元民主党議員(現韓日議員連盟名誉会長)を内定したと、青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)の姜ミン碩(カン・ミンソク)報道官が会見で明らかにした。

この日、姜報道官はこうした事実を伝えた後「当事国に対する大使任命同意手続きなどを経て任命する予定」とし、「菅内閣の発足を迎え、対日専門性と経験、長期にわたり築いた高官級ネットワークを生かして、ふさがった韓日関係のもつれを解き、未来志向的に両国関係が進むきっかけをつくるものと期待する」と述べた。

姜昌一氏は東京大で修士・博士学位を取得し、学界で長く日本について研究した歴史学者。特に国会議員4選の経歴を持つ政治家で、議院活動期間には韓日議員連盟の幹事長、会長を歴任した与党内の代表的な日本通として知られる。

駐日大使の交代は、南官杓(ナム・グァンピョ)現駐日大使が昨年5月に就任して以来1年半ぶり。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *