日本、イージス・アショア代替のイージス艦2隻建造費用5000億円超

By | November 23, 2020


米軍がルーマニアに配備した陸上配備型弾道ミサイル迎撃システムのイージス・アショア。[写真 CSIS]
米軍がルーマニアに配備した陸上配備型弾道ミサイル迎撃システムのイージス・アショア。[写真 CSIS]

日本が「イージス・アショア」の代替案として推進中のイージス艦2隻の新造に5000億円以上かかるという試算が出ていることが分かった。

東京新聞は関係者を引用し、日本政府がイージス・アショアの有力な代替案として検討するイージス艦を新造する場合、2隻の建造費用が約5000億円を超えるという試算が出ていると22日、報じた。

イージス艦を新造する場合、1隻あたり約2500億円かかると予想され、迎撃ミサイル発射機など米国から導入する装備の金額は流動的だと、同紙は伝えた。イージス艦の新造構想は地上イージスの倍程度の費用がかかると、同紙は伝えた。

日本政府は2017年末から、弾道ミサイル開発を推進する北朝鮮の挑発の可能性に対応するという名分で、日本全域を防御できる米国産イージス・アショア2基の導入を推進してきた。しかし今年6月に技術的な問題を理由にイージス・アショア配備計画を中止し、代案を検討している。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *