中国の軍事訓練中…米爆撃機2機、中国の防空識別圏を飛行

By | November 18, 2020


B-1B戦略爆撃機
B-1B戦略爆撃機

中国海軍が南シナ海で大規模な訓練をする中、米軍の戦略爆撃機が中国の防空識別圏(AIDZ)に進入した。

18日の香港サウスチャイナモーニングポスト(SCMP)は民間航空追跡サイト「エアクラフトスポット」を引用し、17日午前、米国領グアムのアンダーセン空軍基地から出撃したB-1B(ランサー)戦略爆撃機2機が東シナ海を通過して中国の防空識別圏に進入したと伝えた。当時、中国人民解放軍は南シナ海と東シナ海、渤海など4カ所で同時に訓練をしていた。

SCMPは「これほど大きい航空機が偵察のために飛行したことはなかったという点で、これは米軍が送る直接的な警告」とし「明白な武力示威」と報じた。

SCMPは「B-1Bの出撃は、トランプ米大統領が大統領選挙から2週間が過ぎても依然として結果を認めない米国の混乱の中であった」とし「中国はこうした米国の不確かな状況の中、偶発的な衝突の可能性を憂慮している」と伝えた。

エアークラフトスポットはB-1Bが台湾の防空識別圏北東側地点に接近し、そのまま同じ方向に飛行していれば台湾の防空識別圏に進入していたと明らかにした。また、米空軍の空中給油機KC-135R(2機)がB-1Bに燃料を供給する訓練を遂行したと伝えた。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *