EUの支持で不利になったWTO事務局長選…韓国政府「最後まで最善尽くす」

By | October 27, 2020


文在寅(ムン・ジェイン)大統領が27日、カナダのトルドー首相と電話会談を行い、韓国産業通商資源部の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長への支持を要請した。[写真 青瓦台]
文在寅(ムン・ジェイン)大統領が27日、カナダのトルドー首相と電話会談を行い、韓国産業通商資源部の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長への支持を要請した。[写真 青瓦台]

WTO事務局長選好度調査でEUがナイジェリアのオコンジョイウェアラ候補を支持することにし、韓国の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長が不利になった。

#【写真】韓国とナイジェリア、WTO事務総長最終候補2人

AFP通信はEUが加盟国の意見取りまとめを終え、27日に公開的にオコンジョイウェアラ候補に対する支持を発表するだろうと報道した。WTOが19日から164の加盟国を相手に実施してきた次期事務局長選好度調査は27日に終わる。

オコンジョイウェアラ候補は16日の会見で自身を支持する国が79カ国あると主張したが、ここにEU加盟27カ国を加えると過半数を超える。ただ、事務局長選出はWTO加盟国の過半数の支持だけで終わるのではなく、全加盟国の合意を引き出す過程が残っており、韓国政府は事務局長が決定されたものではないとみている。

WTOは選好度調査で支持度が低い候補に辞退を勧告し、加盟国が1人の候補を支持するよう説得する作業をするが、この過程は各国の利害関係が複雑に絡んだ国際政治ゲームで結果を予断できないということだ。

外交部のイ・ジェウン副報道官は27日の定例会見で、「政府はまだ最終決定されていないため最後まで最善を尽くすという立場を持って全政府次元で努力中だ」と話した。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *