韓経:「大統領選後が怖い」と銃を購入する米国人…韓国産弾丸が人気

By | October 27, 2020


米ワシントン近隣のバージニア州で銃器販売店を経営するブレイナーさんが記者に銃器を説明している。 チュ・ヨンソク特派員
米ワシントン近隣のバージニア州で銃器販売店を経営するブレイナーさんが記者に銃器を説明している。 チュ・ヨンソク特派員

「弾丸の価格がコロナ感染拡大前に比べて3倍に上がった。弾丸を購入するのも難しい状況になっている」。

23日(現地時間)、米ワシントン近隣のバージニア州にある銃器販売店。経営者のバニー・ブレイナーさんは「最近、銃と弾丸を購入する人が増え、手に入りにくいほど需要が供給を上回っている」とし「人気がある一部の拳銃は在庫がほとんどない」と話した。人種差別抗議デモと暴動事態で触発した銃器の需要増加傾向が、大統領選挙(11月3日)を控えてさらに強まっている。大統領選挙の結果をめぐり双方の支持層が衝突する可能性が提起されるなど、社会的な不安感が反映されているからだ。

ブレイナーさんによると、護身用拳銃に使用される9ミリ(直径)弾丸の価格は新型コロナ拡大前の3月初めまで1個あたり20セント程度だったが、現在は60セントに上がった。銃器購買者は普通、一度に1000発単位で弾丸を購入する。弾丸1000発を購入するのに600ドルを支払うということだ。さらに弾丸の買いだめが生じているため、弾丸を購入したくても適時に変えない場合が多い。一部の銃器販売店では弾丸の需要に対応できず、一日に購入できる弾丸の数量を制限しているという。

ブレイナーさんと事務室を共同で使用する業界関係者は「供給不足で最近は海外からの弾丸輸入が増えた」とし「東欧産の弾丸は安いが品質が悪い。それに比べて韓国産の弾丸の豊山(プンサン)製品は価格に比べて品質が良いので人気」と説明した。

銃器の購買は今年、過去最多になる見通しだ。米国には全国単位の銃器販売量を公式的に集計するところがない。その代わり銃器購買希望者が必ずたどる米連邦捜査局(FBI)の犯罪履歴照会システム(NICS)を通じて銃器購買需要を推定できる。銃器は原則的に米国の市民権者と永住権者だけが購入でき、犯罪前科や精神病歴があれば購買が制限される。

記者がこのシステムに入って確認してみると、今年1-9月の身元照会件数は2882万件にのぼった。これは1998年の関連統計作成開始以降で最も多く、昨年の年間身元照会件数2836万件をすでに超えている。前年同期比では40%ほど増えている。

銃器販売が増えたのは不安感のためだ。今年3月に新型コロナの感染が広がったのが発端だった。5月以降、しばらく人種差別抗議デモが全国的に拡大し、一部の地域で暴動が発生した。多くの店が略奪される場面がテレビやソーシャルメディアで広がり、米国人の間では「公権力は自分や家族を守ってくれない」という不信感が強まっている。さらに大統領選挙後に勝敗を知るのが難しい状況が生じれば、共和党と民主党の支持層の間で衝突が発生するという見方までが出てきて、銃器の需要増加につながっているというのが、業界の分析だ。

ロイター通信とイプソスが有権者2649人を対象に調査し、25日に発表した世論調査の結果によると、トランプ大統領支持者の41%、民主党のバイデン候補支持者の43%が相手側の勝利を受け入れないと答えた。特にトランプ支持者の16%、バイデン支持者の22%は支持候補が大統領選挙で敗れればデモや暴力も辞さないという態度を見せた。ある銃器業界の関係者は「大統領選挙の結果によっては最悪の場合、蜂起が起きることもある」と心配した。

今年に入って銃器販売が急増した中、特に注目されるのは初めて銃器を買う「初購買者」が多かった点だ。スミス&ウェッソンのマーク・スミス社長は先月3日の業績カンファレンスで「今年の銃器販売の約40%は『銃器初心者』の購買と推定される」と述べた。

これまで銃器は主に白人男性、共和党支持者の購入が多かった。この人たちは今年に入って社会が不安定になると、銃器と弾丸の購買を増やした。さらに銃器を避けてきた女性、高齢者、有色人種、民主党支持者までが銃器の購買に合流したと業界はみている。

韓国系の住民も銃器購買に加勢している可能性が高い。バージニア州に住む韓国系住民は「1992年のLA(ロサンゼルス)黒人暴動当時、銃を持つ韓国系の人は自分を守ることができた」とし「その後、韓国系住民も銃器の購買を増やしたが、最近は社会が不安定になり、銃を購入する韓国系の人たちはさらに増えたはず」と話した。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *