オバマ前大統領「韓国のコロナ死亡率は米国の1.3%」…文大統領たたえトランプ大統領こき下ろす

By | October 26, 2020


文在寅大統領が2017年7月3日に青瓦台(韓国大統領府)で訪韓したオバマ前大統領とあいさつを交わしている。[写真 青瓦台]
文在寅大統領が2017年7月3日に青瓦台(韓国大統領府)で訪韓したオバマ前大統領とあいさつを交わしている。[写真 青瓦台]

「韓国の人口当たり死亡者は米国の1.3%にすぎない。これは韓国政府が自らの業務に神経を使ったためだ」。

オバマ前米大統領が24日、フロリダ州マイアミで行われた民主党のバイデン大統領候補の応援遊説で、韓国と米国の新型コロナウイルス事例を比較しトランプ米大統領の感染症対応をより強く批判した。

オバマ前大統領は韓国と米国で初めての感染者が同じ日に発生したと指摘し、両国の人口当たり死亡者を比較した。また、隣国であるカナダも被害を最小化しようとする政府の措置により人口当たり死亡者数は米国の39%水準と話した。ワールドオーメーターの統計によると、25日現在で人口100万人当たりの新型コロナウイルス死亡者数は米国が695人に対し韓国は9人、カナダは263人だ。

CNNは、オバマ前大統領が「このパンデミックは8カ月で新規感染件数記録を破っている。トランプが突然われわれみんなを保護しようとしたりはしないだろう」と話したと報道した。

また、トランプ大統領が新型コロナウイルスに感染したことを指摘し、「彼は自分を保護する基本的措置さえもできない。彼が初期に動いていたならわれわれは状況がこのように悪化するのを絶対見なかっただろう」としてオバマ前大統領が強い不信を示したりもした。

一方、25日にホワイトハウスが「新型コロナウイルスパンデミックを制御しないだろう」と明らかにし、バイデン候補側は「(米国がウイルスに)敗北したという白旗を振ったもの」と非難した。ホワイトハウスのメドウズ首席補佐官はCNNとのインタビューで「新型コロナウイルスはインフルエンザのように感染性が強いウイルスなのでパンデミックを制御しない。われわれがワクチンと治療剤、他の緩和分野を持つという事実を制御するだろう」と明らかにした。

これまでトランプ政権はマスク着用や封鎖など新型コロナウイルス防疫措置に微温的だったが、「統制しない」という明示的な言及が出たのは異例だ。バイデン側は「メドウズの発言は失言ではなくトランプ大統領の戦略が今回の危機の始まりから何かを率直に認めたもの」と攻撃した。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *