鳩山前首相「韓国が『もう十分』と言うまで日本が無限責任を取らなければ成らない」→「日本には鳩山氏の様な常識的な人が居るんだ」 韓国の反応

By | August 14, 2020

<キム・ヒョンジョン>鳩山元首相、こんにちは

<鳩山>こんにちは

<キム・ヒョンジョン>こんなに長続きするとは思いませんでしたが、日本が韓国をホワイト国家から除外して1年が過ぎても、断絶関係は回復の兆しが全く見えないのですが、理由は何だと思いますか?

鳩山首相はまず、日本が韓国をホワイトリストから除外したのは、日本政府は「安全保障上の理由だ」と言っていますが、真実、つまり経済摩擦の発端は、韓国の最高裁で徴用工問題に関する判決が下されたことだと思います。つまり、歴史問題を克服できなかったものが、その根底にあるということです。

日本が韓国を植民地にしたということは歴史的事実です。しかし、この植民地時代に「日本から受けた苦痛に対して日本が心から謝罪しなかった」という韓国の立場があるわけで、日本では「すべてが終わった問題だ」という立場があり、だから、この両者の溝が埋まらないことが、深い理由であると思います。

<鳩山>私はこれについて「無限責任論」という考えを支持する者です。つまり、「これ以上謝罪しなくてもいい」と相手が言ってくれるまで、謝罪の気持ちを持ち続けることが大切だという考えです。日本が韓国を植民地にしたことは事実として存在するからそれに対して謝罪する心を持ち続けることが大事だと思います.

<キム・ヒョンジョン>鳩山前首相はそう考えますが、実は今の政界はそう思っていません。それで、韓日関係が断絶してからもう1年になります。実際には葛藤がここまで続くとは思わなかったのに、どうしてこんなに長続きすると思いますか?解決も出来て居ないし。

<鳩山>私は特に今の状況について問題の原因のほとんどは日本にあるとは思います。ただ、韓日関係が今のように深刻な状態にあるのは、政府間の対立だけでなく、お互いの国民の間にも相手方を望ましくないと考える比率が高くなったことにも原因があると思います。

 韓国の反応 

・こんな考えをする日本の政治家がいたなんて不思議ですね

・>お互いの国民の間にも、相手先を好まないと考える割合が高くなったことにも原因があると思います。

日本の歴史修正主義、間違った教育、政治に利用する日本のマスコミの嫌韓などで日本は韓国をそのように見て、韓国もそんな日本を見て悪い思いをしている様ですね

・これは、安倍政府が韓国バッシングの足場にするために、日本メディアを扇動した結果ですが、まだ正気に戻らないですね

・鳩山由紀夫前首相が辞任せずに最後まで持ちこたえていればよかった

・日本には鳩山由紀夫前首相のような常識的な人たちがいるんですね。ありがとうございます

・日本の常識的で合理的な良識ある市民、指導者と話し合い、協力しなければなりません。韓国社会も過度に民族的な、偏向的な、極端な主張は慎まなければなりません

・こんな方が首相だった時代もあるのに、今の日本があまりにも右傾化したのではないか?

・鳩山氏は、本気で良心のある政治家の一人だった

・応援します。いつもいい番組をありがとうございます

・未来統合党の真正性を見守ります。まず謝罪からきちんとしろ

・韓国よりも、貴方の日本国民の精神から啓発するのがより速いだろう

Source

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *