韓国人「韓国VS日本の天気予報!」日本の天気予報の方が韓国よりも正確なのか確認してみた結果‥ 韓国の反応

By | August 13, 2020

<アンカー>
気象庁の予報が何度も外れて、「韓国の気象庁が信じられない」と言って、海外の気象予報を見る人も増えている。ノルウェーの気象庁に続いて日本の予報も韓国の天気予報より正確だそうですが、事実を確認してみました。

<記者>
「日本の韓国の気象予報が我が気象庁より正確だ」インターネットやSNSで出回っている内容です。

実際にそうでしょうか?

気象協会のホームページです。

我が国の各都市の週間天気を予報しています。

これと似ているのが、韓国気象庁の中期予報ですが、3日後から10日先まで8日間の天気予報です。

この基準に合わせて、2ヶ所のうち、どこがソウルに対する予報精度が高いのか降水量を合わせた率、PODという指標で比較してみました。

この指標は予報精度を判断する際によく使われる指標ですが、実際に雪や雨が降るのを当てた割合のことを言います。

100%に近いほど予報が正確です。

雪や雨が相対的に多く降る1、2月と6、7月の4ヵ月間、日本気象協会の降水量は62%、韓国気象庁は54%で、日本のほうが高かったです。

先月だけ切り離してみましたが、87パーセント対73パーセントでやはり日本の方が高かったですね。

10回中1回の割合で日本の方がソウルの天気をより多く当てたわけです。

どうしてでしょうか?

気象予報精度は、観測資料の品質や予報官としての能力よりも、予報モデルの性能により影響を受けます。

特に、中期予報精度は、予報モデルの性能が決定的な影響を及ぼします。

このため気象専門家たちは、「日本側の降水的中率が高いのは、日本側の予報モデルの精度が高いと解釈できる」と話しています。

ただ、今年4月からイギリス型モデルと共に稼働中の韓国型予報モデルがさらに安定化すれば、精度が高まるだろうという期待もあります。

 韓国の反応 

・やっぱり日本が正確だねㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋ

・気象庁は文政権以後、まともな予報をしたことがない

・日本の予報では、韓国は台風で流されると呪っていたよ、でもいざ蔚山で消滅

・馬鹿臭い、日本の天気予報を見ると、台風が「朝鮮半島を通過して荒地になる」と、予報じゃなくて呪いをかけていたよ、実際には蔚山で台風消滅

・また日韓を比較している

・天気予報は日本の方が上だよ

・数百億ウオンのスーパーコンピューターでも、韓国気象庁は予想を外した

・韓国気象庁の信頼度がめちゃくちゃだ

・天気予報は直ぐに変わるだろ

・週間天気予報だと的中率は下がるね

・日本の方がまだ天気予報は正確だ

・北朝鮮の様な表現を何故使うの?

Source

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *