北朝鮮、日本の「敵基地攻撃能力論」非難 地上イージス断念受け

By | July 5, 2020


米ハワイ州カウアイ島にある地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の米軍実験施設=2019年1月(共同)

 北朝鮮の朝鮮中央通信は4日の論評で、安倍晋三首相が地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」計画を断念する一方、敵基地攻撃能力保有論を広めようとする姿勢を見せていると非難した。

 ラヂオプレス(RP)によると、北朝鮮メディアが地上イージス断念について反応を示すのは初めて。論評は、費用や技術的問題を理由にした突然の中止は理解しがたいと指摘。安倍政権は専守防衛のうわべまで捨て去り、攻撃用兵器導入を進めていると主張した。

 北朝鮮メディアは、日本が北朝鮮の脅威を口実に軍事大国化を図っているとして、地上イージスの配備中止を要求していた。(共同)



Source link